戦国クリエーター・jamiの『甲冑ファッションコーディネート』

jami(ジャミ)と申します(^^) 戦国Web小説書いたり、舞台用甲冑つくったりしております☆ それ系が好きな方、仲良くしてやってくださいませ♪

パフォーマーとしてのお仕事デビュー

f:id:jaminism:20190313211647p:plain

 

【目次】

 

 

 

 

はい。どうも。Jamiです。

戦国クリエーターのJamiと申します( ´ ▽ ` )ノ

 

どうぞよしなに。

 

 

 

遊んでたら仕事になった

 

なんとなんと、Jami、表舞台に立つこととなりました。

 

もう表舞台に立つつもりはなかったのですが、友達からのお声がけというのもありお引き受けしました。

遊びの延長線上だったんですが、本気で遊びました。

やっぱね、遊びといえど本気でやらないとね。というか、やるからには楽しみたいし、お客さんに観てもらうからには喜んでいただきたい。

 

じゃなきゃ、やる意味ない!

 

てな具合で肩の力は抜きつつも、可能な限りクオリティは上げたいなと。ムリしない程度に頑張るぞと、ゲーム感覚で準備・練習しておりました。

 

そうしましたら、それが伝わったのか主催者さん側が「これは無料でやっていただくわけにはいかん」的な感じでギャラが出ることになったのです(^0^;)

 

 

おぉΣ(゜д゜lll)

 

遊んでたらお金もらえちゃった( ´ ▽ ` )ノ

 

「仕事になるまで遊べ」という言葉を、いろんな成功者さんが表現さまざまに何年も前から繰り返し繰り返し言っているのを聞いていたので、「やりたいことやれば良いさ(*゜▽゜*)」と好きに生きてたら、やっぱりなった。

 

 

甲冑づくりと同じですな。遊びでつくってたら仕事になった。

 

f:id:jaminism:20190524024503j:plain

 

 

 

久しぶりの打刀(うちがたな)

 

さてさて

そのパフォーマンスステージの内容ですが、

 

刀剣パフォーマンス

クイズ大会

歴史語り

 

の3部構成としました。

 

三重県東員町というところで行われるお祭りでのステージだったので、

東員町の歴史にまつわるクイズを3問。

そして、この地にゆかりのある戦国武将さんのご紹介。

 

そしてそして、

オープニングとエンディングにて武器を振り回すこととしました。

 

当初の予定ではなかったのですが、打刀(うちがたな)、つまり普通の刀も振ることにしました。

久しぶりです。

超久しぶりです。

 

わたし、インスタにて武器を振り回す動画をアップしたりしているのですが、今まで一回も普通の刀を振ってませんでした。

 

理由はシンプル。わたしより上手い人が動画をあげまくっているから。

なので特殊な武器、とくに大剣を振っているわけであります。

 

でも考えてみれば、一般の人は普通の刀ですら振ってるところなんて見たことない人の方が多いよな(^_^;)

となり、パフォーマンスに加えることとなりました。

 

まずは普通の刀を振ってみせて、その流れで双身刀(そうしんとう)、そして大剣という流れにしました。

 

 

 

感謝感謝

 

ちなみに出演させていただきましたのは、

東員町コスモスまつり であります。

 

雨の降るなか、お越しくださった方々

応援メッセージをお届けしてくださった方々

本当にありがとうございます❗️m(_ _)m

 

客席に知り合いを見つけたとき、本当に嬉しさがこみ上げて参りました。

感謝感謝であります

 

 

動画(インスタグラム)

↓ ↓ ↓ ↓

 

https://www.instagram.com/p/B3mWZEyJf8j/?igshid=epx4quxym4qp

 

 

 

ひょんなことから表舞台に立つこととなった今回のステージ。

 

ぶっちゃけますと、武将隊のお仕事が終わった時点でもう、表舞台で自分自身を披露したい!という思いはなくなっておりました。

もう何年も前のこと。

 

元々は目立ちたがり・・・というか、デカい声出すのが気持ち良かったり、普段は見せない感情を舞台の上でぶつけるのが好きだったのですが、

ありがたいことに、そういった想いは多くの方々のおかげで昇華することができたのかな🤔と、俳優の仕事をやめたのが2013年。

 

あいまいな表現だけど、今は『流れ』を重視して行動を決めているようなきがします。


今日もありがとう世界😌☯️


感謝感謝っ🎁✨

 

 

f:id:jaminism:20191020042511j:plain

 

 

ではまたぁ~( ´ ▽ ` )ノ

 

___________________

 

 

 

 

 

 

 

戦国クリエーター・jami(ジャミ)

 

戦国好きがこうじて、戦国的な作品をつくるようになった者であります。Web小説を書いたり、甲冑や戦国グッズを製作・販売しております。

 Iam Japanese SAMURAI creator jami .
write a SAMURAI novel
and make SAMURAI armour.

 

戦国Web小説 コミュニオン

 (45話まで無料で読めます)

 

ブログ

戦国クリエーター・jamiの『 甲冑ファッションコーディネート 』

 

インスタ

jami★戦国クリエーター (@j_a_m_i_2016) | Instagram photos and videos

 

Twitter

jami★戦国小説 & 甲冑つくる人 (@jamisenngoku) | Twitter

 

商品販売(甲冑)

Samurai Jami

 

商品販売(グッズ)

jami★甲冑・戦国グッズつくる人

 

 

 

もうちょっと詳しく自己紹介

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com

 

 

English

 ↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com

 

 

 

 

Samurai in Croatia

f:id:jaminism:20190914153530j:plain

 

 

【目次】

 

 

 

 

はい。どうも。Jamiです。

 

やっぱり人の名前の頭文字は大文字にした方がいいのかな?

ふつうはそうだよね?

でもどうしよ~かなぁ~~なんてずっと前から考えてて、最近

 

jami から Jami に直したJamiであります( ´ ▽ ` )ノ

 

 

「いや、ど~でもええやろ!Σ(゜д゜lll)」

「好きにせ~やっ!Σ(゜д゜lll)」

 

てな感じなワケでありますが、ホントど~でもいいですな(*゜▽゜*)

 

 

はい。では本題に。

 

 

 

Samurai in Croatia

 

わたくし、クロアチアへ行ってまいりました。

初海外であります。

 

 

f:id:jaminism:20190914154315j:plain

f:id:jaminism:20190914154346j:plain

f:id:jaminism:20190914154403j:plain

f:id:jaminism:20190914154428j:plain

f:id:jaminism:20190914154508j:plain

f:id:jaminism:20190914154523j:plain

 

私が滞在させていただいたのは、旧市街のドブロブニクジブリ作品『 魔女の宅急便 』にでてくる街並のモチーフになったと言われている、美しい街です。

 

じつは事前にあるお問合せをしたうえで渡航しました。それは・・・

 

「甲冑を着て出歩いていいか?」

「甲冑を着てパフォーマンスしてもいいか?」

 

ということ。

 

 

何を聞いてんのや!??Σ(゜д゜lll)

 

てな感じではありますが、私にとっては重要事項。ぶっちゃけますと、べつに旅行気分で行くわけではないのです。

 

私自身の創作活動の延長線上にあるかどうかが大事だったのです。

 

その上で、私が歩む(歩むべき)その線上にある景色であれば、堪能しましょう、楽しみましょうといったスタンスなのであります(^^)

 

お問合せの結果、

「パフォーマンスをしないのであれば、甲冑を着て市内を歩いても良いです」

との許可をドブロブニク市から得ました( ´ ▽ ` )ノ

 

感謝感謝っ!\(^o^)/

 

 

・・・あ、べつに、アレですよ。

甲冑着れないところへは行かない、とか行けない、とかじゃないですからね(^_^;)

 

お問合せをしてくださった森さん、ありがとうございます!!

 

f:id:jaminism:20190914162439j:plain

誠意ある森さんが、何から何まで手配してくださったおかげで滞りなくクロアチアへ行って帰ってくることができました。

感謝感謝であります!

 

 

 

新しい場所での出会い

 

てなワケで歩いてましたら、たくさんの方々から声をかけてもらえました。

 

f:id:jaminism:20190914161226j:plain

f:id:jaminism:20190914161123j:plain

f:id:jaminism:20190914161139j:plain

f:id:jaminism:20190914161251j:plain

f:id:jaminism:20190914161323j:plain

f:id:jaminism:20190914161345j:plain

f:id:jaminism:20190914161402j:plain

f:id:jaminism:20190914161415j:plain

 

ここぞとばかりに英語版の名刺を渡しまくっていたのですが、予想以上にノリの良い方々ばかりで名刺が足りなくなり、途中で補充(^_^;)

 

英語版プロフィール

↓ ↓ ↓ ↓

 

jaminism.hatenablog.com

 

 

「イェ~」とか「センキュ~」とか「オ~ケェ~」とか、カタコトしか話せない私も、日本語ガイドのイヴァナさんのおかげでスムーズにコンタクトがとれました(*゜▽゜*)

 

f:id:jaminism:20190914162901j:plain

 

日本大好きな美人さんです(*゜▽゜*)

めちゃめちゃ気がつかえて誠意があって、とても奥深い方であります。この方と語るだけでも価値のある有意義な時間を過ごすことができます。

 

本当にお世話になりました!

感謝感謝でありますっ!!

 

 

 

遠くに来た感覚はない

 

ひじょうに楽しく、価値のある経験をさせていただいた初の海外での日々ではありましたが、じつは・・・

 

あんまり遠くに来た・初めての場所に来たという感覚はないのが正直なところ。

 

その理由を考えましたら、たくさんの答えがわいてきました。

 

そのなかのひとつは、物理的な距離より、どう感じたかの方が大事なのだということ。

物理的には遠くに来ても、そこに人がいること、その場所にはその場所のものがあること、大地があって海があって空があって、etc~

 

それって日本にいても同じものがあるなぁ~~って感じてて。

 

 

「初めて海外来て思ったのそれかよ(´・_・`)」

 

とか思われるかも知れないけど、これこそが一番の気づき。なぜなら、こう感じれない人もきっといるから。

 

その例を、とりあえずここでは3つだけ挙げておきます。

 

 

健康

 

平和

 

帰る場所

 

 

 

健康 

 

現地で日本語ガイドさんと合流するまでは一人で行動するわけですが、とくに不安もなく「まぁ、行けるでしょ」とか思っていて、実際なんのトラブルもなく行けました。

 

でも、その「行けるでしょ」と思えたのは、健康が当たり前としてあったから。

 

立てるのが当たり前。

歩けるのが当たり前。

話せるのが当たり前。

電車に乗れるのが当たり前。

 

だからなんの疑問もなく飛行機に乗れて当たり前だし、初めての場所だからってなんの問題もないでしょ?

と思える。

 

こんなにも感謝したくなることが、当たり前のように日常に溶け込んでいること。

 

いつか手放すことになるであろう、これらの当たり前

 

感じれるだけ感じていたい

 

f:id:jaminism:20190914170101j:plain

 

 

 

平和

 

日本にいても同じものがある。「平和」もまたしかり。

 

この地も日本と同じように平和がありました。正確には「日本にいるときと同じように平和を感じていた」。

 

日本にもクロアチアにも、同じようにいろんな人たちがいると思います。優しい人もいればそうでない人も。ステキに在れるときもそう在れないときも。たぶんどこの国の人たちも同じ。

 

日本はその昔、外国と戦争していた。もっと昔は、この日本のなかにいくつもの国があって争っていた。

 

クロアチアもそんなに遠くない過去、たいへんな時期があった。

 

今この時代に生きていられることに感謝。

この今の時代を築きあげてくださった多くの方々に感謝。

 

本当は今でもいろいろとあるとは思う。

どこの国でもそうだし、それぞれ一人一人の内側でもいろいろとあると思う。

 

でも、それでも、良き方向に流れている実感がある。

楽観的にそう思い込んでいるだけなのかも知れないけれど、どう感じるかがすべて。

 

 

どう感じるかがすべて

 

どう感じているか

 

感じているそれが、多分

 

世界 と呼ばれているもの

 

f:id:jaminism:20190914170129j:plain

f:id:jaminism:20190914170149j:plain

 

 

帰る場所

 

遠くから眺めて、初めて自分がいた場所が見えてくることがある。

 

帰る場所

 

還る場所があることは幸せなことだ。それは人、つまり特定の誰かをさしている場合もあるだろうし、コミュニティをさしている場合もあるだろう。

文字通り、その土地をさしている場合だって。

 

はたまた、人によっては「感覚」をさしている場合もあるかも知れない。

「この感覚でいれるとき、本来の自分でいられる」

みたいな感じで。

 

 

なんにせよ、還る場所があることは幸せなこと。

 

 

過去なのか未来なのか、いつかの自分が今のこの場所を見つめているのかも知れない

 

いまの自分が、未来なのか過去なのか、どこかの場所にいる自分を見つめていることがある

 

f:id:jaminism:20190914170023j:plain

 

 

還る場所・・・自分の根幹と繋がっている場所があればこそ、遠くに来たとしても遠くに来た感覚がない。


分かりにくい表現でゴメンナサイ😅💦💦💦

まぁ、とにかくそんなこと感じましたとさ( ´ ▽ ` )ノ

 


★ ★ ★ ★ ★

 

 

 

はい。

長くなってしまいそうなので、今回の記事はここまで!( ´ ▽ ` )ノ

これでも短くしたつもりなんですけどね♪( ´▽`)

 

ではまたぁ~( ´ ▽ ` )ノ

 

www.instagram.com

 

___________________

 

 

 

 

 

 

 

戦国クリエーター・jami(ジャミ)

 

戦国好きがこうじて、戦国的な作品をつくるようになった者であります。Web小説を書いたり、甲冑や戦国グッズを製作・販売しております。

 Iam Japanese SAMURAI creator jami .
write a SAMURAI novel
and make SAMURAI armour.

 

戦国Web小説 コミュニオン

 (45話まで無料で読めます)

 

ブログ

戦国クリエーター・jamiの『 甲冑ファッションコーディネート 』

 

インスタ

jami★戦国クリエーター (@j_a_m_i_2016) | Instagram photos and videos

 

Twitter

jami★戦国小説 & 甲冑つくる人 (@jamisenngoku) | Twitter

 

商品販売(甲冑)

Samurai Jami

 

商品販売(グッズ)

jami★甲冑・戦国グッズつくる人

 

 

 

もうちょっと詳しく自己紹介

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com

 

 

English

 ↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com

 

 

 

最初の記事から読む

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com

 

 

 

How to assemble and wear(jami作2017年式)

f:id:jaminism:20181006174203p:plain

 

How to assemble and wear

 

 

【目次】

 

 

 

 

 どうも。jami(ジャミ)です( ´ ▽ ` )ノ

じつは数日前からネットショップを開設しておりまして、ありがたいことに買ってくださった方がおられました。

ので、組み立て方と装着のしかたを解説しようかと思った次第であります(^_^)

 

ちなみに・・・

私がつくる甲冑は、かなりオリジナルなデザイン&つくり です。本物志向の玄人様におかれましては、お見苦しい点ばかりかと思われます。

なにとぞご容赦くださいませm(_ _)m

 

FYI,

All the armors I made are original design and structure. There are some portions quite different from the real ones

 

 

各パーツ名

 

郵送されてきたときには、各パーツがバラバラに入っております。

 

When it is delivered, the parts are not assembled.

 

f:id:jaminism:20181006161209j:plain

 

前胴

Front Do (Chest armor)

f:id:jaminism:20181006161301j:plain

 

後胴

Back Do

f:id:jaminism:20181006161325j:plain

 

Kabuto (Helmet)

f:id:jaminism:20181006161346j:plain

 

袖(そで。肩のパーツ)

Sode (Shoulder guards)

f:id:jaminism:20181006161407j:plain

 

籠手(こて)

Kote (Armor sleeves)

f:id:jaminism:20181006161438j:plain

 

脛当(すねあて)

Suneate (Shin guard)

f:id:jaminism:20181006161620j:plain

 

 

Steps of the assembly

 

まず前胴と後胴を連結させます。

Firstly, joint the front Do and back Do.

f:id:jaminism:20181006162656j:plain

 

前胴側についているダッフルボタンに後胴側についている紐をひっかけ、

Hook the strap attached to the back Do to the toggle attached to the front Do.

f:id:jaminism:20181006162825j:plain

f:id:jaminism:20181006162855j:plain

f:id:jaminism:20181006162916j:plain

 

後胴側についているゴムで締め付けます。

Tighten with the rubber strap attached to the back Do.

f:id:jaminism:20181006162957j:plain

 

2ヶ所あります。

There are two portions.

f:id:jaminism:20181006163026j:plain

 

袖(肩のパーツ)も、同じように胴に連結します。

Joint the Sode and the Do.

f:id:jaminism:20181006163120j:plain

 

左右2つづつあります。

There are 2 each on right and left.

f:id:jaminism:20181006163156j:plain

 

【Postscripts】

ゴム紐の先に1パーツ増やしました。これでゴム紐リングが外れるのを防げることに成功しました。

Another part was added to the tip of the rubber strap which prevents the rubber strap ring from coming off.

f:id:jaminism:20181219210421j:plain

f:id:jaminism:20181219210445j:plain

 

 

ちなみに袖の裏側には腕を通すゴム紐があります。これは取り外し可能です。

There are straps for arms to go through at back side of the Sode. And they are detachable.

 

f:id:jaminism:20181006163345j:plain

 

もしこれを着て殺陣やアクションをするのでしたら、ゴム紐を腕に通した方が良いでしょう。袖が裏返ってしまうこともあり、なかなかにカッコ悪いです(^_^;)

 

If you are planning to do a sword battle or play an action scene with wearing this, I highly recommend using these straps. Otherwise, those Kote would flip over and it looks not cool.

 

そして余談ですが、個人的には袖があまり前方に垂れてくるのが好きではありません。

真横かやや後に垂れているのが好みです。ので、私の場合、ゴム紐の金具は袖裏のほんの少しだけ前方につけたいところです。

 

By the way, I personally don’t like the Sode coming to front. I feel it is better that they are either coming right beside or coming going slightly behind.

I would attach the buckles for the rubber strap at slightly forward side of the Sode.

 

f:id:jaminism:20181006163322j:plain

 

はい。組み立ては完了です(^_^)

That’s it. The assembly is completed.

 

f:id:jaminism:20181006164022j:plain

 

 

How to wear the Do

 

組み立てが終わりましたら、頭からかぶってください。

前述しましたとおり、本物とはけっこうつくりが違います。まずコレ。

 

Pull the Do over your head.

As I mentioned earlier, this is the one of differences from the real ones.

 

f:id:jaminism:20181006164249j:plain

 

前胴の右側面にゴム紐がついています。

There is a strap on the right side of the Do.

f:id:jaminism:20181006164353j:plain

 

これを背中の後に回し、反対側についているダッフルボタンにひっかけます。

This strap goes behind your back and be hooked by the toggle at the other side.

 

f:id:jaminism:20181006164504j:plain

f:id:jaminism:20181006164525j:plain

 

次に、脇下の紐を結びます。

Next, tie the strap hanging from the armpit.

f:id:jaminism:20181006164615j:plain

 

分かりますでしょうか?

後には一本しかないのに、前には二本あります。着用者の体格にあわせて、適した方をお使いください。本来(確か・・・)甲冑はオーダーメイドなので着用者の体格にあわせてあるものが多いと思いますが、これは特定の人用のものではないのである程度 汎用性をもたせてあります。

 

There are 3 straps each side. 1 at the back and 2 at the front. You can use whichever fits to your body size. The real Samurai armors were usually 100% custom made to fit to the body size of ones ordered as far as I remember. On the other hand, my crafted Samurai armors have a certain range for the body size.

 

f:id:jaminism:20181006165157j:plain

 

反対側も結びます。

Do the same for the other side.

f:id:jaminism:20181006165234j:plain

 

その下にも紐がありますね。

There is another strap below.

f:id:jaminism:20181006165356j:plain

 

この紐も本物にはありません(^_^;)

This doesn’t exist in the real ones.

 

でもこれ締めないと脇がゆるくなってしまいます。

But this one has to be tightened, otherwise it will be loose.

 

 

f:id:jaminism:20181006165517j:plain

 

左右にあります。

There are 1 each on both sides.

f:id:jaminism:20181006165547j:plain

 

後胴の最下段左右からも紐がのびています。

Also, there are straps hanging from the bottom of the back Do both the left and right.

 

f:id:jaminism:20181006165653j:plain

 

これを腰で結びます。

Tie these straps at waist.

f:id:jaminism:20181006165719j:plain

 

そして帯。

The, Obi.

f:id:jaminism:20181006165740j:plain

 

腰で結びます。だいたいこの辺り

Tie it at waist. Around this height.

f:id:jaminism:20181006165831j:plain

 

胴の最下段からぶらさがっている防具を草摺(くさずり)と呼びます。胴と草摺を繋いでいる紐を、ゆるぎの糸と呼びます。

 

The protective gears hanging from the bottom of the Do are called “Kusazuri”. And the straps jointing the Kusazuri and Do are called “Yurugi no ito”.

 

この ゆるぎの糸の上部を隠すぐらいの位置に帯を巻くのが、個人的には好みです。

My personal preference is to tie the Obi at the height where the top of Yurugi no ito are covered. 

f:id:jaminism:20181006170123j:plain

f:id:jaminism:20181006170141j:plain

 

 

How to wear the Kabuto

f:id:jaminism:20181006170257j:plain

 

兜の裏側はこのように紐を通します。

The straps in the Kabuto should be tied like this.

f:id:jaminism:20181006170345j:plain

 

このままだと装着できないので、ちょっとほどきます。

Untie the straps like this to be able to wear.

f:id:jaminism:20181006170432j:plain

 

紐がクロスしてぶらさがっている部分があります。ここに喉がきます。そして締めます。その紐の先を後側の紐に通します。

The straps crossing point comes to the throat. Then tie them. Let the tips of the straps cross with the strap running horizontally at backward the inner Kabuto.

f:id:jaminism:20181006170703j:plain

 

そして紐をあご先にて、

Then, tie the straps around your chin like this.

f:id:jaminism:20181006170753j:plain

 

こんな感じに

f:id:jaminism:20181006170830j:plain

f:id:jaminism:20181006170851j:plain

 

結びます。

f:id:jaminism:20181006170916j:plain

 

あまった部分は上部の紐にからませたり引っ掛けたりしてしまいます。

なお、兜の紐はいろんな結び方があるようですので、好きな方法で良いと思います。

 

 The remained straps can be twisted or hooked with the strap above.

There are variety of ways to tie the straps of Kabuto. You can tie them in your way.

 

なお、兜の裏側に貼られている布はマジックテープでつけられており、外して洗濯することができます

 

The cloth attached to the inner Kabuto is attached with Velcro tape. So you can remove and wash it.

 

How to wear Kote and Suneate

 

f:id:jaminism:20181006171250j:plain

 

・・・はい。かなりオリジナルな形状です(^_^;)

玄人さま、ゴメンナサイ(^_^;)

 

左右から二本づつ紐がのびてます。これを、

 

There are 2 straps each on the left and right.

f:id:jaminism:20181006171406j:plain

 

上段から結びます。まず裏側を通して、前方で結びます。

The upper straps should be tied first. Let them go around your leg. And tie them at the front of your arm.

f:id:jaminism:20181006171457j:plain

 

個人的には、前方のやや内側で結ぶのが好みです。

下段も結びます。これを両足の脛に装着します。

 

My personal preference is to tie them at slightly inner side.

Tie the lower straps too. And do the same for the other side.

 

f:id:jaminism:20181006171543j:plain

 

籠手なのですが、

f:id:jaminism:20181006171645j:plain

 

脛当以上に勝手なデザインです。そして、

f:id:jaminism:20181006171719j:plain

 

ゴム紐ぉ!Σ(゜д゜lll)

f:id:jaminism:20181006171750j:plain

 

まさかのゴム紐での装着であります( ;´Д`)

 

Tighten with the rubber straps.

 

いろいろ試したのですが、普通の紐だと一人で装着するのが困難で、バックルも試してみたのですが、これはこれで装着が困難でした( ;´Д`)

 

ので・・・

 

ゴム紐です(-_-;)

着易さを考えると、これが一番妥当かなというところに落ち着きました。

 

 

【Postscripts】

籠手、マジックテープ式に改良いたしました!

これで汎用性がだせました( ´ ▽ ` )ノ

 

Kote was upgraded. I improved it to Velcro type!

The universality has been improved.

 

f:id:jaminism:20181218185456j:plain

f:id:jaminism:20181218185520j:plain

f:id:jaminism:20181218185537j:plain

f:id:jaminism:20181218185550j:plain

 

 

帯刀

 

帯刀する際は、

太刀(たち)& 脇差 もしくは、打刀(うちがたな)& 脇差 

がスタンダード(?)かと。

また、打刀は腰帯にさしますが、太刀はぶら下げます。

 

なお、刀は別売りです(2018.10月現在)

 

 

【太刀(たち)& 脇差

f:id:jaminism:20181006173027j:plain

f:id:jaminism:20181006173050j:plain

f:id:jaminism:20181006173107j:plain

f:id:jaminism:20181006173122j:plain

f:id:jaminism:20181006173136j:plain

f:id:jaminism:20181006173149j:plain

 

【打刀(うちがたな)& 脇差

f:id:jaminism:20181006173245j:plain

f:id:jaminism:20181006173303j:plain

f:id:jaminism:20181006173318j:plain

f:id:jaminism:20181006173332j:plain

f:id:jaminism:20181006173352j:plain

f:id:jaminism:20181006173406j:plain

 

 

てな感じでございます♪( ´▽`)

いかがでしょうか♪( ´▽`)

 

ちなみに、

 

この記事を読んでおられるということは、読者さんはもしかしたらこうゆうのにご興味があるのでしょうか?( ´▽`)

コスプレイヤーさんだったり、演劇関係の方だったりするんでしょうかね(^_^)

 

と思ったので、一応つくりかた載せておきます。お役に立てましたら光栄です。

 

How to create Samurai armors.

( Sorry.Only Japanese. )

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com

 

 

___________________

 

 てなワケで、今回の記事はここまでっ( ´ ▽ ` )ノ

このたびは、おつき合いくださり感謝もうしあげますm(_ _)m(^^)

今後とも、どうぞよしなに~( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

 

 

 

 

戦国クリエーター・jami(ジャミ)

 

戦国好きがこうじて、戦国的な作品をつくるようになった者であります。Web小説を書いたり、甲冑をつくったりしております。

 

 

戦国Web小説 コミュニオン

 (45話まで無料で読めます)

 

インスタ

jami★戦国クリエーター (@j_a_m_i_2016) • Instagram photos and videos

 

Twitter

jami★戦国小説 & 甲冑つくる人 (@jamisenngoku) | Twitter

 

もうちょっと詳しく自己紹介

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com

 

最初の記事から読む

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

初コスプレ! イェイ♪( ´▽`)

 

 

 

 

 

 どうも。jami(ジャミ)です。

 

戦国クリエーターのjamiと申します。

今回の記事も超短いですよ。すぐ読めます。

 

 

わたくし、コスプレに初挑戦してみました( ´ ▽ ` )ノ

もしかしたら最初で最後かも。

 

 

f:id:jaminism:20190707014007j:plain

f:id:jaminism:20190707014033j:plain

f:id:jaminism:20190707014052j:plain

f:id:jaminism:20190707014114p:plain

 

 

わたくし、NARUTO 大好きです。 

ザブザさん、超大好きです。

 

 

Instagram

↓ ↓ ↓ ↓

 

www.instagram.com

 

 

 

___________________

 

 てなワケで、今回の記事はここまでっ( ´ ▽ ` )ノ

このたびは、おつき合いくださり感謝もうしあげますm(_ _)m(^^)

今後とも、どうぞよしなに~( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

 

 

 

 

戦国クリエーター・jami(ジャミ)

 

戦国好きがこうじて、戦国的な作品をつくるようになった者であります。Web小説を書いたり、甲冑や戦国グッズを製作・販売しております。

 Iam Japanese SAMURAI creator jami .
write a SAMURAI novel
and make SAMURAI armour.

 

戦国Web小説 コミュニオン

 (45話まで無料で読めます)

 

ブログ

戦国クリエーター・jamiの『 甲冑ファッションコーディネート 』

 

インスタ

jami★戦国クリエーター (@j_a_m_i_2016) | Instagram photos and videos

 

Twitter

jami★戦国小説 & 甲冑つくる人 (@jamisenngoku) | Twitter

 

商品販売

jami★甲冑・戦国グッズつくる人

 

もうちょっと詳しく自己紹介

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com

 

 

 

I am Jami

f:id:jaminism:20190313211647p:plain

Hello( ´ ▽ ` )ノ

My name is Jami.

 

I love samuraiarmor and samuraiweapon.

I made originalpaperarmors and originalweapons.

I made originalitem.

I write a novel.

I draw picture of a Dragon.

 

I only know Japanese (;´Д`A

I studying English now ♪( ´▽`)

 

Thank you ( ´ ▽ ` )ノ

 

 

【 日本語版はこちら 】Japanese

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com

 

 

《contents》

 

Armor 

f:id:jaminism:20190524024503j:plain

f:id:jaminism:20190524024529j:plain

 

Date Masamune

f:id:jaminism:20190307195822j:plain

 

Sanada Yukimura

f:id:jaminism:20190307195500j:plain

 

Ishida Mitsunari

f:id:jaminism:20190308201000j:plain

 

Ii Naomasa

f:id:jaminism:20190307200347j:plain

 

Shop

 ↓ ↓ ↓

www.samurai-armor.store

 

Movie

 

www.youtube.com

 

 

If you like this video.

Please register my channel.

And give me your thumbs-up.

 

↓ ↓ ↓ ↓

 

www.youtube.com

 

 

Cosplay

 

f:id:jaminism:20190707014007j:plain

f:id:jaminism:20190707014033j:plain

f:id:jaminism:20190707014052j:plain

f:id:jaminism:20190707014114p:plain

 

I like NARUTO.

I like Zabuza.

 

 

Instagram

↓ ↓ ↓ ↓

 

www.instagram.com

 

 

 

Item

f:id:jaminism:20190524030925j:plain

f:id:jaminism:20190524031053j:plain

f:id:jaminism:20190524030550j:plain

f:id:jaminism:20190524031304j:plain

f:id:jaminism:20190524031331j:plain


f:id:jaminism:20181112222049j:plain

f:id:jaminism:20190524031454j:plain

 

 

Novel

 

f:id:jaminism:20181128212039j:plain

 

You can read from here

↓ ↓ ↓ ↓

 

戦国Web小説 コミュニオン

 

Sorry ( ;´Д`)

Japanease only

 。・゜・(ノД`)・゜・。

I studying English now (^_^;)

 

 

Picture

 

f:id:jaminism:20180830234202j:plain

f:id:jaminism:20181019232746j:plain

f:id:jaminism:20181019232825j:plain

 

 

Instagram

 

www.instagram.com

 

www.instagram.com

 

Please follow me.(*゜▽゜*)

And give me your thumbs-up.

 

 

Twitter

 

twitter.com

 

Please follow me.(*゜▽゜*)

And give me your thumbs-up.

 

 

Youtube

 

Please register my channel.

And give me your thumbs-up.

 

↓ ↓ ↓ ↓

 

www.youtube.com

 

 

 

Thank you!

( ´ ▽ ` )ノ( ´ ▽ ` )ノ( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

 

_____________________

 

 

 

 

 

 

 

 

戦国クリエーター・jami(ジャミ)

 

戦国好きがこうじて、戦国的な作品をつくるようになった者であります。Web小説を書いたり、甲冑や戦国グッズを製作・販売しております。

 Iam Japanese SAMURAI creator jami .
write a SAMURAI novel
and make SAMURAI armour.

 

戦国Web小説 コミュニオン

 (45話まで無料で読めます)

 

ブログ

戦国クリエーター・jamiの『 甲冑ファッションコーディネート 』

 

インスタ

jami★戦国クリエーター (@j_a_m_i_2016) | Instagram photos and videos

 

Twitter

jami★戦国小説 & 甲冑つくる人 (@jamisenngoku) | Twitter

 

商品販売

jami★甲冑・戦国グッズつくる人

 

日本語での自己紹介

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com

  

最初の記事から読む

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com

 

超巨大刀、振ってみた

f:id:jaminism:20190313211647p:plain

 

 

 

 

 どうも。jami(ジャミ)です。

 

戦国クリエーターのjamiと申します。

最近わたくし、動画を撮ってインスタなどにアップしております。

 

 

今回なんと、3800いいね!がついた投稿が出ましたのでご紹介しておきます( ´ ▽ ` )ノ

 

再生回数は現時点(2019.5.20)にて6万2千回を超えております。

感謝感謝ぁ!

 

www.instagram.com

 

 

今のところ1000いいね!を超えた投稿が4つあるのですが、そのなかでも新しいのがコレ!

 

可変型戦鎚

(かへんがたせんつい)

 

Variabletype Warhammer

(ヴァリアブルタイプウォーハンマー

 

 

であります。パッと見はただの巨大なハンマーなのですが、じつはギミックがほどこしてあり、仕掛けを起動させると隠れていた30枚の刃が飛び出す仕組みになっております。

 

www.instagram.com

 

 

じつはコレ、まだ未完成でして、仕掛けを起動させても刃が出しきれなかったり収納しきれなかったりします。

1ヶ月半かけてここまでカタチになってきましたが、完成までもう少しかかりそうです。

トライ & エラー の繰り返しですな。

 

 

【BGM】は、最近わたしがハマりまくっているミュージシャン

Ryo reduction(アールワイオーリダクション) さんです。

 

 

【YouTube】Ryo reduction
https://www.youtube.com/channel/UCTAUvUU6MjUvOSqvnGemfLg


【Twitter】Ryo reduction
https://twitter.com/Ryoreduction


【ホームページ】Ryo reduction
https://ryoreduction.amebaownd.com/

 

 

★ ★ ★ ★

 

YouTubeでも発信してます(ちょっと更新が遅れがちですが)。

良かったら、こちらもチャンネル登録してくださいませ♪( ´▽`)

↓ ↓ ↓ ↓

 

www.youtube.com

 

 

___________________

 

 てなワケで、今回の記事はここまでっ( ´ ▽ ` )ノ

このたびは、おつき合いくださり感謝もうしあげますm(_ _)m(^^)

今後とも、どうぞよしなに~( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

 

 

 

 

戦国クリエーター・jami(ジャミ)

 

戦国好きがこうじて、戦国的な作品をつくるようになった者であります。Web小説を書いたり、甲冑や戦国グッズを製作・販売しております。

 Iam Japanese SAMURAI creator jami .
write a SAMURAI novel
and make SAMURAI armour.

 

戦国Web小説 コミュニオン

 (45話まで無料で読めます)

 

ブログ

戦国クリエーター・jamiの『 甲冑ファッションコーディネート 』

 

インスタ

jami★戦国クリエーター (@j_a_m_i_2016) | Instagram photos and videos

 

Twitter

jami★戦国小説 & 甲冑つくる人 (@jamisenngoku) | Twitter

 

商品販売

jami★甲冑・戦国グッズつくる人

 

もうちょっと詳しく自己紹介

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com

 

 

 

【動画】大剣振ってみた(厨二病が治りません)

 

f:id:jaminism:20190313211647p:plain

 

 

 

 どうも。jami(ジャミ)です。

 

わたくし、動画を撮りました。インスタにて公開しましたところ、驚きました。

なんと、初めていいね!が1000を超えました。

フォロワー数は(当時、2019年2月21日)1000未満なのに。

 

ぶっちゃけ、甲冑づくりの合間の休憩中にときどきやってることを撮っただけなんですけどね。わりとじっとしている作業もあるので、身体を動かしたくなるんですよね。

 

それがまさかの、50時間かけてつくった甲冑画像よりいいね!数が多いとは・・・

 

まぁ、ぶっちゃけ、ものづくりに費やしてきた時間より

剣を振ってた時間の方が長いので、当然といえば当然かも知れませんが。

 

 

大剣

大剣 振ってみた(厨二病が治りません)

www.youtube.com

 

リアルモンスターハンター(大剣)

youtu.be

 

大剣 振ってみた(なかなか厨二病が治りません)

youtu.be

 

 

薙刀

 

自作の薙刀振ってみた

youtu.be

 

自作の薙刀振ってみた(自作の甲冑着て)

youtu.be

 

自作の薙刀振ってみた(自作の鎧・額当て)

youtu.be

 

 

双身刀

 

自作の双身刀振ってみた(厨二病が治りません)

youtu.be

 

自作の双身刀振ってみた(自作の甲冑着て)

youtu.be

 

自作の双身刀振ってみた(自作の鎧・額当て)

youtu.be

 

 

長巻

 

長巻、振ってみた(厨二病が治りません)

youtu.be

 

長巻、振ってみた(自作の甲冑着て)

youtu.be

 

長巻、振ってみた(自作の鎧・額当て)

youtu.be

 

 

★ ★ ★ ★

 

そんなワケで、これからはYouTubeでも発信していこうかなぁ~~なんて考えております。

良かったら、こちらもチャンネル登録してくださいませ♪( ´▽`)

↓ ↓ ↓ ↓

 

www.youtube.com

 

 

___________________

 

 てなワケで、今回の記事はここまでっ( ´ ▽ ` )ノ

このたびは、おつき合いくださり感謝もうしあげますm(_ _)m(^^)

今後とも、どうぞよしなに~( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

 

 

 

 

戦国クリエーター・jami(ジャミ)

 

戦国好きがこうじて、戦国的な作品をつくるようになった者であります。Web小説を書いたり、甲冑や戦国グッズを製作・販売しております。

 Iam Japanese SAMURAI creator jami .
write a SAMURAI novel
and make SAMURAI armour.

 

戦国Web小説 コミュニオン

 (45話まで無料で読めます)

 

ブログ

戦国クリエーター・jamiの『 甲冑ファッションコーディネート 』

 

インスタ

jami★戦国クリエーター (@j_a_m_i_2016) | Instagram photos and videos

 

Twitter

jami★戦国小説 & 甲冑つくる人 (@jamisenngoku) | Twitter

 

商品販売

jami★甲冑・戦国グッズつくる人

 

もうちょっと詳しく自己紹介

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com