戦国クリエーター・jamiの『甲冑ファッションコーディネート』

jami(ジャミ)と申します(^^) 戦国Web小説書いたり、舞台用甲冑つくったりしております☆ それ系が好きな方、仲良くしてやってくださいませ♪

戦国最強のイケメン武将は誰だ!?【個人武勇編】加藤清正?真柄直隆?森長可?

「新しい元号を発表します」

f:id:jaminism:20180117201849j:plain

「新しい元号は」

f:id:jaminism:20180117201928j:plain

天正です」

 

【 目次 】

 

 このブログを書く目的

 

 

 

どうも。jami(ジャミ)です。

戦国クリエーターのjami(ジャミ)と申します。

戦国好きがこうじて、戦国的な作品をつくるようになった者であります。

Web小説を書いたり、甲冑をつくったりしております。このたび作品の宣伝も含め、自分の表現の場としてこのブログをたちあげることとなりました。どうぞよしなに☆

(あ、冒頭の画像の方はわたしじゃありません。知り合いのイケメンさんにお願いしてご出演していただきました(^^;))

 

で、そんな戦国好きがどんなブログを書こうとしているかというと、目下のところ以下の2つを目的としてさだめております。

➊ライトな戦国ファンをふやす

❷オリジナル作品の宣伝

 

【ライトな戦国ファンを増やす】

やっぱりね、仲間はほしいワケですよ。自分一人でも史跡巡りしたり映画観たりマンガ読んだりと、じゅうぶん楽しめます。そういった作品などを観て気になったことを調べたりしてると、これまた一人でも楽しめます。

 

でも・・・

でもですね。一人より二人、二人より三人てなぐあいに、同じものを好きと思える人がいてくれると嬉しいじゃないですか。別に詳しくなくていいんです。わたし自身、詳しいワケではなくただただ好きなだけですし。

 

「詳しくなることより、楽しめること」

そちらに重きをおいております。やっぱ楽しくないとね。そんなこんなで記念すべき第一回のタイトルは、ズバリ!

 

『 戦国最強のイケメン武将は誰だ!? 』

やっぱね、興味のない方に興味をもってもらおうと思ったら、こうゆうのを書くのが良いんではないかと思ったんです。という建前のもと、ただただ自分が書きたいことを書きたいままに書いてるだけなのでただのJIKOMANブログと化すのは目に見えているのですが、あくまで建前を貫き通そうと思っているしだいであります。

 

はい。あなたのために書いてます(^^)

 

 

 

さっさと話すすめんか~!!!

 

な、なにやつ!?

f:id:jaminism:20180117211439j:plain

 

その戦国最強のイケメン武将の座、オレがいただこう。

 

なんか凄いの来たぁ~~!?Σ(゜д゜lll)

 

ふっふっふっふっふ。

 

な、なにやつ!?

 

そのセリフ、それがしを倒してから言うんだな。

f:id:jaminism:20180117211925j:plain

 

同じく凄いの来たぁ~~!?Σ(゜д゜lll)

 

 

 

jami劇場・第一話『 戦闘開始 』

 

f:id:jaminism:20180117212042j:plain

f:id:jaminism:20180117212110j:plain

 

あの、いま平成なんですけど( ;´Д`)

f:id:jaminism:20180117211925j:plain

 

最強の名は、この『心眼のコウヨウ』にふさわしい。

 

し、心眼?

f:id:jaminism:20180117212432j:plain

 

お前の動きなど、すべて心の目でとらえてしんぜよう。

f:id:jaminism:20180117211439j:plain

 

『心眼のコウヨウ』か。おもしろい。ならばこの『若杉さん』の異名をもつオレの実力、とくと味わえ。

 

それ本名じゃないですか?( ;´Д`) 本名ですよね?( ;´Д`)

f:id:jaminism:20180117212537j:plain

f:id:jaminism:20180117212800j:plain

 

真っ向斬り!当たる!?

f:id:jaminism:20180117212857j:plain

 

と見せかけて

f:id:jaminism:20180117212941j:plain

 

斬り上げ!?

 

と見せかけて

f:id:jaminism:20180117213031j:plain

f:id:jaminism:20180117212432j:plain

 

どうやらフェイントだということはバレているようだな。だが!

f:id:jaminism:20180117215436j:plain

オラオラオラァ!

f:id:jaminism:20180117215505j:plain

オラオラオラオラァ!

f:id:jaminism:20180117215619j:plain

f:id:jaminism:20180117215708j:plain

f:id:jaminism:20180117212941j:plain

 

このフェイントにつぐフェイント。どうだ!

 

いやもう普通に振れば当たるんじゃないですか?(´・_・`)

 

あまいな。普通に振って当たるほど、この男はあまくはない。

 

でも動く気配ないですよ(´・_・`)

 

ふっ。シロウトには分かるまいが、この者にはこちらの動きがすべて見えている。相手の意表をつかねば勝機はない。

 

そ、そうなんですか?Σ(゜д゜lll)・・・達人どうしの戦いは、もはや常人にははかり知れません。

f:id:jaminism:20180117220020j:plain

 ・・ゼェ・・ゼェ・・・

 

とまった!?ついにスタミナが尽きた!?Σ(゜д゜lll)

f:id:jaminism:20180117212432j:plain

 

・・・隙がない。ここまでやれるとは・・・。

 

よ、よく分かんないですけど、す、すごいですね(;゜0゜)達人どうしの戦い、見せていただきました。

f:id:jaminism:20180117220159j:plain

f:id:jaminism:20180117220231j:plain

 

あの・・・。

f:id:jaminism:20180117220258j:plain

 

「・・・・・。」

 

f:id:jaminism:20180117220339j:plain

 

え?あ、ゴメン。寝てた。

 

寝とったんかい!!!???Σ(゜д゜lll)

f:id:jaminism:20180117220414j:plain

 

「・・・・・。」

 

 

・・・・・お前が寝ていたことは気づいていた。

 

ぜったいウソですよね!?(´・_・`)

f:id:jaminism:20180117220454j:plain

 

いやいやいや。武士というものは、無益な争いはしないものだ。

 

めっちゃ刀ふってましたよね?争う気まんまんでしたよね?

 

どちらが上とか、そんなことはどうでもいい。

 

いかにも。そなたとは気があいそうだ。

f:id:jaminism:20180117220527j:plain

 

・・・なにこの展開(-_-;)

f:id:jaminism:20180117220607j:plain

ググググググ・・・・・

 

・・・んん??

f:id:jaminism:20180117220759j:plain

 

力比べしとるやん!!!???Σ(゜д゜lll)

f:id:jaminism:20180117220837j:plain

バッ!

 

ちょ、ちょっと・・・

f:id:jaminism:20180117220941j:plain

 

ぬわわわわわわっΣ(゜д゜lll)

f:id:jaminism:20180117221018j:plain

シュリンッ

f:id:jaminism:20180117221123j:plain

 

相手はまだ抜いてない。勝負ありだ!Σ(・□・;)

f:id:jaminism:20180117221154j:plain

ドッ!

 

え?

f:id:jaminism:20180117221239j:plain

 

柄の先端で・・・打撃?

f:id:jaminism:20180117221337j:plain

 フラッ

f:id:jaminism:20180117221428j:plain

シュン!

f:id:jaminism:20180117221524j:plain

真っ向斬り!・・・に見せかけた、

f:id:jaminism:20180117221642j:plain

斬り上げ!

f:id:jaminism:20180117221940j:plain

パキィ~~~ン!

 

はじき上げられた!今度こそ勝負ありだ!Σ(・□・;)

f:id:jaminism:20180117222213j:plain

 バシュッ

f:id:jaminism:20180117222321j:plain

 ガキィ~~~ン!!

 

たたき落とした!?Σ(・□・;)速い!そして重い!!

f:id:jaminism:20180117222413j:plain

クイッ!

f:id:jaminism:20180117222455j:plain

キ~~~ン

f:id:jaminism:20180117222542j:plain

f:id:jaminism:20180117222622j:plain

ドゴッ!!

 

蹴り?(;゜0゜)

f:id:jaminism:20180117222713j:plain

 

倒・・れない!? 踏みとどまった!

f:id:jaminism:20180117222754j:plain

 

こ、この二人・・・

f:id:jaminism:20180117222832j:plain

 

・・・本当に強い(;゜0゜)

f:id:jaminism:20180117222902j:plain

 

あ、あの、ちょっと!

f:id:jaminism:20180117222935j:plain

 

やめてください!危ないですって!!

f:id:jaminism:20180117223035j:plain

 

いまは平成ですよ!

f:id:jaminism:20180117223112j:plain

 

そうゆう戦いの時代じゃないんですよ!?

f:id:jaminism:20180117223159j:plain

ガキィン!

 

・・・とは言え・・・

f:id:jaminism:20180117223236j:plain

ガシャン!

f:id:jaminism:20180117223310j:plain

カキィ~~ン!

 

甲冑を着ていると、刀での斬撃で決定打をあたえるのは簡単ではない・・・。

 

 

となれば

 

f:id:jaminism:20180117223358j:plain

f:id:jaminism:20180117223436j:plain

 

あ!?

 

 

となれば

f:id:jaminism:20180117223512j:plain

狙うは

f:id:jaminism:20180117223605j:plain

隙間をねらっての

f:id:jaminism:20180117223642j:plain

突き!

f:id:jaminism:20180117223716j:plain

 

二人とも、やめてくださ~~~い!!!

f:id:jaminism:20180117223757j:plain

f:id:jaminism:20180117223847j:plain

 

あああぁ~~~!!!!!Σ(゜д゜lll)Σ(゜д゜lll)Σ(゜д゜lll)

f:id:jaminism:20180117223924j:plain

NANTENE!

 

もうなんなの!???Σ(゜ロ゜)

なにがしたいの!!!???。・゜・(ノД`)・゜・。

 

 

 

本日のゲスト紹介

f:id:jaminism:20180117225846j:plain

新井 康陽 さま


名古屋大須にあるTOLANDの若きオーナー。
『ビルおこし』という概念を提唱し ビル一棟をまるまるプロデュースしているTOLANDは、
カフェ・BAR・スナック・イベントスペースといったさまざまな空間を用意し、若者たちを中心にファンを増やしつづけている。

彼の精力的な活動は、価値観が多様化する現代において「新しい生き方」を模索する人々に指針を与えている。

araikoyo.com

 

 

f:id:jaminism:20180117225941j:plain

若杉 将樹 さま

 

TOLANDカフェの店長にして、夜はスナックCANDY名古屋のチーママをつとめる若者。
このたびの「あの・・・甲冑着てブログに載っていただけませんでしょうか?」という意味不明なお願いを、
快く引き受けてくださったノリの良い人物である。

若杉将樹【スナックCANDY名古屋チーママ、TOLAND店長】 (@happypunk8) on Twitter

刀はあくまでサブ・ウェポン? 戦国期は『 刀 vs 刀 』の戦闘は珍しい

 

そんなこんなでゲスト様をお呼びしてまでこんなオアソビ記事かいてます(^^;)

べつになくてもいいのですが、どうしてもやりたかったのです(^^;)

本題の『 戦国最強のイケメン武将は誰だ!? 』に入るまえに2点、

 

f:id:jaminism:20180117222832j:plain

 

まず1点目。映画やマンガなどの作品にてよくでてくる戦闘シーン。刀と刀で斬り合ったりするのを観たことがある方もおられるでしょう。

でも、実は戦国期においてはそういった場面はあまりなかったとのこと。とある戦闘後の報告書によれば、戦死者の七割が鉄砲や弓矢、投石といった飛び道具が原因だったそうです。接近戦でも、おもに槍が占めていたようです。

 

リーチにまさる槍の方が刀より有利なのでしょう。敵のふところに入れれば逆にリーチが短い方が有利にはなりますが、そう簡単にはいかないでしょうし、組討(くみうち。超接近戦)ともなれば、さらに短い脇差や短刀を使ったようです。

 

また、長槍(ながやり。文字どおり長い槍)による集団戦であれば戦術的にも効果的な運用が期待できます。多くの穂先(ほさき。とがった槍の先端)を一斉に同じ方向にむければ、なかなか近寄れません。これを『 槍衾(やりぶすま) 』と呼びます。

 

刀にも種類がある?太刀(たち)と打刀(うちがたな)

 

そして二点目。刀にも種類があるということ。

ブログを読んでくださっている皆さまのなかにもすでにお気づきの方もおられるかと思いますが、先ほど登場していただいた二人の鎧武者が装備していた刀の鞘の向きが逆になってます。

f:id:jaminism:20180118000352j:plain

f:id:jaminism:20180118000411j:plain

 

上の画像の刀は太刀(たち)と呼び、刃が下をむくように装備します。下の画像は打刀(うちがたな)と呼び、刃が上をむくように装備します。太刀は主に馬に乗った状態で使うことを想定されており、抜いた流れで斬り上げが放ちやすいようにできているとのこと。

それに比べて打刀は馬に乗っていない状態で使うことを想定されており、抜いた流れで打ち下ろしが放ちやすいようにできているとのこと。諸説あるので一概にそう言い切れるかどうかは分かりませんが、おおむねこれが一般的に言われている説であります。

 

基本的に打刀より太刀の方がやや長く、反りが深いものが多いようですが、もともと太刀としてつくられ後にそれを短くし打刀になったものもあり、境界線がややあいまいな部分もあります。 

なお装備するさい、打刀は「さす」といい、太刀は「はく」といいます。「打刀をさす」「太刀をはく」ってなぐあいであります(^^)

 

戦国最強のイケメン武将は誰だ!?【個人武勇編】加藤清正?真柄直隆?森長可

 

ようやくです(^^;)

ようやく本題に入ります(^^;)

なが~~~~い前フリにおつき合いくださり、感謝もうしあげます(`_´)ゞ

 

そもそも、戦国最強のイケメン武将いうてもイケメンかどうかなんて分からんでしょ~が。てな声が聞こえてきそうですが、まぁ、はい。

 

私にも分かりません(`_´)ゞ

分からないでありますっ(`_´)ゞ

 

「じゃあなんでタイトルにイケメンって入れてんだぁ~!!!」

と言われてしまいそうですが、なんとなくです(^^;)

イメージです。イメージでイケメンそうな武将さんをご紹介しようかなと。と言いつつも、私のなかで武将さんはみんなイケメンだったりするので、あんまり意味はないですケド・・・

 

・・・は?(´・_・`)

てな感じですね。ゴメンナサイ。でも、実はコレも戦国を楽しむための極意でもあると思っております(^^)

戦国にかぎらず実際に確かめるすべのないものは、(問題がなければ)自分で好きなように想像すればいいと思うのです。だってその方が楽しいから(^^)

まぁ、jamiってやつはそういうやつなのであります。どうぞおおめに見てやってくださいませm(_ _)m

 

てなワケで今度こそ本題へ!戦国最強は誰か?と問うならば、たっくさ~~~んの武将さんが思い浮かびます。確認のしようがないので、「あの方も」「この方も」ときりがありません。たぶん実際には違うのでしょうが、あくまでjami的イメージで3人までしぼりました。

強さといってもさまざまな要素があるので、今回は『 個人的武勇 』にかぎらせていただきます。

 

加藤清正

 かとうきよまさ。賤ヶ岳(しずがたけ)の戦いにおいて武功をたて、『 賤ヶ岳の七本槍 』の一人として名を馳せる。虎退治をしている姿が屏風(びょうぶ)に描かれたりと、さまざまな作品にて勇猛果敢なイメージで描かれることが多い。

ただ、この『 加藤清正 虎退治 』は実際に1vs1だったのか? 本当は鉄砲で討ちとったのではないか? そもそも本人だったのか? など、屏風絵どおりの戦いだったのかは諸説ありです。

また武の人というイメージのほかに熊本藩の初代藩主としての顔ももっており、熊本では清正公(せいしょこさん)と呼ばれ親しまれています(^^)

 

真柄直隆 

まがらなおたか。実戦において、超ビッグサイズの刀・太郎太刀(たろうだち)をふるい奮戦した猛将。そのサイズは諸説ありますが最小でも175cm、長いもので2mを超えていたという説もあります。そうとうな筋力・技量がなければ扱うことはできないでしょう。

圧倒的な強さをほこっていたであろう真柄直隆ですが、そんな彼にも最期のときが迫ります。敗北が決定的となった姉川の戦いにおいて、友軍が逃げる時間をかせぐため戦場に残り戦いつづけ、壮絶な最期をとげます。

 

森長可

もりながよし。鬼武蔵(おにむさし)と呼ばれ恐れられた猛将。15歳で初陣し、27人もの敵兵を討ち倒した、まさに鬼神。初めての戦で27人斬りですよ(;゜0゜)

強い!本当に強い!!ちなみに森蘭丸(もりらんまる)さんのお兄さまです。数々の戦において大暴れする長可さんであったが、運命の長久手合戦。鉄砲の弾にて眉間を撃ち抜かれその激動の生涯を終える。26歳の若さであった。

 __________

 

はい。いかがだったでしょうか。少しでも興味ひかれる方はおりましたでしょうか(^^)

語り出したら止まらないので3人でやめておきましたが、本当はもっともっとその存在を知っていただきたい強~~い(と思われる)武将さん方がおられます。

可児才蔵・島津義弘柴田勝家

存在しないかも?という説もある小島貞興。

剣豪将軍と呼ばれた足利義輝。壮絶な最期の戦いぶりは創作だった部分もあるようですが、戦国ロマンを感じずにはいられません。

わたしの知らない方々もおられると思い検索してみましたところ、出るわ出るわ(^^;)

吉田政重・国司元相(くにしもとすけ)・山上道及(やまがみどうきゅう)・福留親政、etc~

 

そのうちまた勝手に書きだすと思いますので、ぜひともおつき合いいただけましたら幸いであります(^^)

 

戦国Web小説『コミュニオン』

 

冒頭にてブログを書く目的として

 

➊ライトな戦国ファンをふやす

❷オリジナル作品の宣伝

 

と述べました。先ほどまでは➊の『 ライトな戦国ファンをふやす 』のを目的で書いておりましたが、次は❷の『 オリジナル作品の宣伝 』であります。

 

f:id:jaminism:20171214035755p:plain

わたくし、Web上にて小説を公開しております。戦国ものです。とは言っても、史実の戦国ものではなく完全オリジナルな世界観です。日本の戦国的なものから古代中国的なもの、さらには騎士といった西洋的なものまでミックスした作品です。

魔法もモンスターも出てきませんが、ファンタジーと思ってもらった方が良いかも知れません。

 

ロード・オブ・ザ・リング」を書いたトールキンという作家さんをご存じでしょうか?
彼は北欧神話や古典、伝説などから様々な要素をとりこんで作品をつくり、『ファンタジー』というジャンルを創り上げた人物なのです。
私もそんな彼のように、東洋と西洋の戦国的な要素をとりこんで自分だけのオリジナルな世界を創りたいのです。

 

 

なおかつ!

私はどうしても「青春」という要素を入れたかった。

 

しかし私が描きたかった青春というのは、若き日の信長や家康といった、実際の戦国武将のお話ではありません。

幼馴染の姫と家臣。身分の壁に阻まれながらも惹かれあう、禁断の恋物語といったものでもありません。

 

ではjamiは何が描きたいのか?

jamiが描きたい青春とは何なのか?

 

それは・・・

 

ズバリ! 「放課後の学校」です。

そして放課後の学校と言えば部活です。

そう、わたくしjamiは、部活動にいそしむ少年少女たちの青春を描きたかったのです。

 

ってオイ!!!Σ(゜д゜lll)

戦国で学校って何やねん!!!Σ(゜д゜lll)

しかも部活て。部活て何やねん( ;´Д`)

 

ってな声が聞こえてきそうですね(^^;)

確かにミスマッチですよね。

ミスマッチもいいとこですよね。

でも、それが書きたかったんです(^^;)

 

私は考えました。

どうすれば戦国と部活をリンクさせることが出来るのか。

両者を同じ世界に共存させるとしたら、どうゆう設定にすれば成立するのか。

そして私はひらめきました。

 

「道場だ!」

 

そうだ!そうだよ!剣道部とかあるじゃないか!

剣道に限らず弓道薙刀とか、今も多くの若者がやってるじゃないか。

と気づきました。

 

そこから連想したのが「新撰組」です。

幕末に実在した剣客集団でありますが、もともと彼らは試衛館(しえいかん)という道場で出会ったメンバーが中核となっており、歴史の表舞台に出るまでは、日々鍛錬し、道場で汗をながし剣の腕をみがいておりました。

 

大会に向けて青春を捧げる若者たちの姿。そんな平和な日々に、静かに歩み寄る時代の闇・・・

 

てなワケで、ぜひぜひ読んでおくんなましっ♪( ´▽`)

 

戦国Web小説『コミュニオン』はコチラから読めます。(無料)

↓ ↓ ↓ ↓

http://senngokusukidesu.com/

 

自作甲冑

わたくし文章を書くのも好きなのですが、他にも好きなことがあります。それは・・・

 

甲冑づくり( ̄^ ̄)

はい・・・甲冑をつくるのが好きなのであります(^_^;)

甲冑のみならず、刀とか槍とか、それ系のものを。

本物じゃないですよ( ̄д ̄;)

さらには本物志向でもないです。あくまで『簡略化』『量産性』を基本方針としております。

f:id:jaminism:20171214045144j:plain

f:id:jaminism:20171214103303j:plain

f:id:jaminism:20171214103431j:plain

f:id:jaminism:20171216194543j:plain

f:id:jaminism:20171216195023j:plain

f:id:jaminism:20171216195045j:plain

なぜそんなものを作るのかって?

ココロオドルじゃないですか(((o(*゚▽゚*)o)))

鎧とか刀とか見たら、人はココロオドルじゃないですか。

 

・・・あれ?踊らない??・・・おかしいなぁ・・・

いいんです!

私はココロオドルんです( ̄^ ̄)

 

そして、同じようにココロオドらせてみたいんです。そして、なにもヘビーな戦国ファンにならなくてもいいんです。なんとなぁ~く「そうゆうの、いいですね。」ぐらいでもいいんです。

そもそも私自身、詳しいわけでもなく、ただただ好きなだけですし(^^;)

 

できるなら、「今まで別に興味なかったけど、なんだか面白そう。」って人を増やせたら幸いであります。

そんなこんなで、自作の甲冑とかを見てもらう場もWeb上につくりました。

 

インスタやってます☆ フォロー・いいね!してくださると嬉しいです♪( ´▽`)

↓ ↓ ↓ ↓

www.instagram.com

 

ここに自作の甲冑とかを載せているのですが、甲冑や武器そのものをお見せするだけでなく、私はこれらでもっと面白いことがしたかった。

できるなら、「今まで別に興味なかったけど、なんだか面白そう。」って人を増やしたい。そのためには何をすればいいんだろう?


そう思っておりましたら、くだらないもの書いてました(^^;)。記事の最初のほうのアレです。くだらないです。てまひまかけて、くだらないことやってます。
ホンっっっトくだらない内容ですが、読んでくれた誰かの心に少しでも何か残せれば幸いです。

願わくば、ただただ「くだらねぇな」と笑っていただいて終わるのではなく、少しでも学びの場となれるようおそまつながら解説文のようなものも書かせていただきました。

 

 

Twitterもやってます☆

↓ ↓ ↓ ↓

twitter.com

 

フォロー・いいね・RT・コメントしてくれると嬉しくて反復横跳びしちゃいます♪( ´▽`)

ウソ。でも嬉しいのはホント♪( ´▽`)

とくにブログの感想とか書いてくれたらHappyであります♪( ´▽`)

 

このたびは、おつき合いくださり感謝もうしあげますm(_ _)m(^^)

今後とも、どうぞよしなに~( ´ ▽ ` )ノ

 

 

次の記事

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com

 

 

もうちょっと詳しく自己紹介

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com