戦国クリエーター・jamiの『甲冑ファッションコーディネート』

jami(ジャミ)と申します(^^) 戦国Web小説書いたり、舞台用甲冑つくったりしております☆ それ系が好きな方、仲良くしてやってくださいませ♪

刀の耐久性やいかに?斬ったらすぐ使えなくなるってホント?

f:id:jaminism:20180124012317j:plain

左腕とひきかえに得た貴重な情報だ。

よく聞け。

・・・えぇ~~~っと・・・

・・・あぁ~~~っと・・・

 

・・・なんだったっけ?・・・

 

 

最初の記事から読む

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com

 

【 目次 】

 このブログを書く目的

 

 

 

どうも。jami(ジャミ)です。

戦国クリエーターのjami(ジャミ)と申します。

戦国好きがこうじて、戦国的な作品をつくるようになった者であります。

Web小説を書いたり、甲冑をつくったりしております。これは作品の宣伝も含め、自分の表現の場としてつくられたブログであります(^^)。どうぞよしなに☆

(あ、冒頭の画像の方はわたしじゃありません。知り合いのイケメンさんにお願いしてご出演していただきました(^^;))

 

で、そんな戦国好きがどんなブログを書こうとしているかというと、目下のところ以下の2つを目的としてさだめております。

➊ライトな戦国ファンをふやす

❷オリジナル作品の宣伝

 

【ライトな戦国ファンを増やす】

やっぱりね、仲間はほしいワケですよ。自分一人でも史跡巡りしたり映画観たりマンガ読んだりと、じゅうぶん楽しめます。それでも一人より二人、二人より三人てなぐあいに、同じものを好きと思える人がいてくれると嬉しいじゃないですか。別に詳しくなくていいんです。わたし自身、詳しいワケではなくただただ好きなだけですし。

 

「詳しくなることより、楽しめること」

 

そちらに重きをおいております。やっぱ楽しくないとね。そんなこんなで第九回のタイトルは、ズバリ!

 

『刀の耐久性やいかに?斬ったらすぐ使えなくなるってホント?』

 

と、その前に・・・

 

jami劇場・第九話『 刀の限界・人の限界 』

 パキィ~~~ン
 

f:id:jaminism:20180124021551j:plain

 
 

・・・・・。

f:id:jaminism:20180124022045j:plain

f:id:jaminism:20180124022100j:plain

 

こんど会うときまでに、新しい刀、用意しといてくださいね。

 

・・・えぇ~~~っと、コレなんですか?(´・_・`)

 
 

よくぞ聞いてくれたぁ~~~!!! (*゜▽゜*)

 

映画『 るろうに剣心 京都大火編 』の剣心 VS 宗次郎 のシーンですよね(´・_・`)

 
 

知っとったんかぁ~~~~い!!! (*゜▽゜*)

 

まぁ、好きなんで『 るろ剣 』。

わたしがお聞きしてるのは、なぜそのシーンを再現しているかということです。

 
 

好きだから!!! (*゜▽゜*)

 

ですよね!!! (*゜▽゜*)

 

なぁなぁ、刀ってどこまでもつんかなぁ?

 

もつって?

 

耐久性。

 

あぁ。

 

どうなんやろねぇ。宮本武蔵ってたしか七十人斬りとかやったんだよね。

同じ刀つかったんかな?

 

さすがに七十人も同じ刀で斬れんだろ。

 

あ、でも、斬るっていっても、「戦闘不能にする」まで含めたらいけるんかもなぁ。

 

あぁ・・かもなぁ。う~~~ん、でもそれでもムズいんちゃう?

 

バガボンド 』やと交換しとったね。敵の刀奪ったりして。

 

それちゃう?何振りかつかっての七十人斬りじゃね?

 

そもそも、一人で七十人も倒せるもんかな?

 

どうやろなぁ~。

 

できる人にはできるんちゃうかぁ・・分からんけど。

 

皆さん、だんだん武士っぽさがなくなってきましたね(^^;)

 
 
 

武士じゃね~~し (*゜▽゜*)

 

開き直ったぁ~~~!!!( ;´Д`)

登場したての頃はもっと武士って感じだったのに。

 
 
 

あ、それ、ただのキャラづくり (*゜▽゜*)

 

ですよねぇ~~ (*゜▽゜*)

ま、ライトにいきまっしょい( ´ ▽ ` )ノ

はい、本日のjami劇場、ここまでぇ~( ´ ▽ ` )ノ

 

本日のゲスト紹介

 

f:id:jaminism:20180117225846j:plain

新井 康陽 さま


名古屋大須にあるTOLANDの若きオーナー。
『ビルおこし』という概念を提唱し ビル一棟をまるまるプロデュースしているTOLANDは、
カフェ・BAR・スナック・イベントスペースといったさまざまな空間を用意し、若者たちを中心にファンを増やしつづけている。

彼の精力的な活動は、価値観が多様化する現代において「新しい生き方」を模索する人々に指針を与えている。

araikoyo.com

 

 

f:id:jaminism:20180117225941j:plain

若杉 将樹 さま

 

TOLANDカフェの店長にして、夜はスナックCANDY名古屋のチーママをつとめる若者。
このたびの「あの・・・甲冑着てブログに載っていただけませんでしょうか?」という意味不明なお願いを、
快く引き受けてくださったノリの良い人物である。

若杉将樹【スナックCANDY名古屋チーママ、TOLAND店長】 (@happypunk8) on Twitter

 

f:id:jaminism:20180118163221j:plain

さいどん  さま

 

アメリカ0円横断、アマゾン川イカダ下りなど冒険を配信するYouTuberジョーブログの元撮影・編集者。
ただいまリアルクラウドファンディングの旅真っ最中!

saigooodon.com

 

刀の耐久性やいかに?斬ったらすぐ使えなくなるってホント?

ようやくです(^^;)

ようやく本題に入ります(^^;)

なが~~~~い前フリにおつき合いくださり、感謝もうしあげます(`_´)ゞ

 
わたしはかつて「斬って4人、突いて10人」といった言葉を聞いたことがありました。

ので、刀の耐久性、といいますか、「一振りの刀でどこまで敵を倒せるか?」の答えはそのあたりかなぁ〜〜っと昔は思っておりました。

ところが・・・
実際に真剣で「斬り」をやってらっしゃる方と知り合い、お話を伺いましたら「モノによって全然違う」とのことでした。
その方は同じ刀で何万回と竹を斬ってらっしゃるのに、ほとんど刃こぼれしないそうです。
硬すぎると折れやすく柔らかすぎると曲がりやすいようで、ちょうどバランスの良いモノが「良い刀」だそうです。

また、使い手の腕前にも大きく左右され、ちゃんと刃筋を立てられないと折れたり曲がったりするようです。
ただ実戦ともなると、血や脂が斬れ味に影響を及ぼす可能性もあり、それを考慮すると たとえ「 良い刀・良い腕前 」でも 斬れ味は落ちていくのかも知れません。

 

あと、これは重要なことですが、「刀の耐久性」と「一振りの刀でどこまで敵を倒せるか」は別ものだということをふまていないといけないですね。

それと、「倒せる」というのはどうゆう状態なのか?という前提を明確にしていなければ、議論が成り立たなかったりしますので注意が必要です。

jami劇場にも載せましたが、たとえ致命傷をあたえれないのであれば不可。そこに「戦闘不能にする」まで含めるのであれば、かなり結論に違いがでるものと思われます。

まぁ、わたし個人では検証のしようがないので人様のお話や検証動画を参考に「〜〜なのかな?」といった域をでないでしょう。

そして、私はそれで十分です(^^)

________________________

 

はい。いかがだったでしょうか(^^)

こんごも戦国にまつわるえとせとらをライトに書いていきたいので、ぜひともおつき合いいただけましたら幸いであります(^^)

 

戦国Web小説『コミュニオン』

冒頭にてブログを書く目的として

➊ライトな戦国ファンをふやす

❷オリジナル作品の宣伝

と述べました。先ほどまでは➊の『 ライトな戦国ファンをふやす 』のを目的で書いておりましたが、次は❷の『 オリジナル作品の宣伝 』であります。

f:id:jaminism:20171214035755p:plain 

わたくし、Web上にて小説を公開しております。戦国ものです。とは言っても、史実の戦国ものではなく完全オリジナルな世界観です。日本の戦国的なものから古代中国的なもの、さらには騎士といった西洋的なものまでミックスした作品です。

 そのなかで私は、どうしても「青春」「境界線」という要素を入れたかったということを以前の記事で書きました。

↓ ↓ ↓ ↓

その1 『 戦国的で放課後的な青春 = 道場だ! 』

その2 『 第442連隊戦闘団を知っていますか? 』

その3 ルワンダの歴史を知っていますか?

 (どれも記事内の下の方です)

 

 また、小説を読む前に知っておいたほうがより作品が分かりやすくなるようにと書いた内容もございます(^^)

↓ ↓ ↓ ↓

その4 青少年剣術大会は剣道ではない

その5 甲冑・武具。各パーツの名称

その6 『 錘行の陣(すいこうのじん)

その7 日本の戦国にも盾はある

その8 三国志的なのも騎士的なのも好き

 (どれも記事内の下の方です)

 

☆ ☆ ☆ ☆

てなワケで、ぜひぜひ読んでおくんなましっ♪( ´▽`) 

戦国Web小説『コミュニオン』はコチラから読めます。(1~15話まで無料)

↓ ↓ ↓ ↓

http://senngokusukidesu.com/

 

自作甲冑

 (毎度のことながら、いつもとおなじこと書きます(^^;))

わたくし文章を書くのも好きなのですが、他にも好きなことがあります。それは・・・

 

甲冑づくり( ̄^ ̄)

はい・・・甲冑をつくるのが好きなのであります(^_^;)

甲冑のみならず、刀とか槍とか、それ系のものを。

f:id:jaminism:20171214045144j:plain

f:id:jaminism:20171214103303j:plain

f:id:jaminism:20171214103431j:plain

f:id:jaminism:20171216194543j:plain

f:id:jaminism:20171216195023j:plain

f:id:jaminism:20171216195045j:plain

本物じゃないですよ( ̄д ̄;)

さらには本物志向でもないです。あくまで『簡略化』『量産性』を基本方針としております。

 

インスタにもこういった甲冑画像などをのせてます。ぜひ覗いてやってください(^^)

↓ ↓ ↓ ↓

http://www.imgrum.org/user/j_a_m_i_2016/3045653043

ちょいちょい「どこで買えます?」「販売はされないのですか?」「レンタルしていただけないでしょうか?」といったお声をいただいております。

感謝感謝!!!

いまのところ販売は考えておりません m(_ _)m

__________

 

Twitterもやってます☆

↓ ↓ ↓ ↓

https://twitter.com/info66140946

 

フォロー・いいね・RT・コメントしてくれると嬉しくて土下座の勢いで地面かちわっちゃいます♪( ´▽`)

ウソ。でも嬉しいのはホント♪( ´▽`)

とくにブログの感想とか書いてくれたらHappyであります♪( ´▽`)

 __________

 

てなワケで、今回の記事はここまでっ( ´ ▽ ` )ノ 

このたびは、おつき合いくださり感謝もうしあげますm(_ _)m(^^)

今後とも、どうぞよしなに~( ´ ▽ ` )ノ

 

 

次の記事

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com

最初の記事から読む

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com