戦国クリエーター・jamiの『甲冑ファッションコーディネート』

jami(ジャミ)と申します(^^) 戦国Web小説書いたり、舞台用甲冑つくったりしております☆ それ系が好きな方、仲良くしてやってくださいませ♪

武器や防具も進化する!戦を近代化させた鉄砲の普及

f:id:jaminism:20180119113125j:plain

・・・・・。

f:id:jaminism:20180120115221j:plain

・・・人がボケたときは、

大げさにウケてくれると嬉しいな

f:id:jaminism:20180120112836j:plain

マジでぇ~~~!???

f:id:jaminism:20180120115221j:plain

・・・ありがとう・・・でも、

 

まだボケてない。

 

最初の記事から読む

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com

 

【 目次 】

 このブログを書く目的

 

 

 

どうも。jami(ジャミ)です。

戦国クリエーターのjami(ジャミ)と申します。

戦国好きがこうじて、戦国的な作品をつくるようになった者であります。

Web小説を書いたり、甲冑をつくったりしております。これは作品の宣伝も含め、自分の表現の場としてつくられたブログであります(^^)。どうぞよしなに☆

(あ、冒頭の画像の方はわたしじゃありません。知り合いのイケメンさんにお願いしてご出演していただきました(^^;))

 

で、そんな戦国好きがどんなブログを書こうとしているかというと、目下のところ以下の2つを目的としてさだめております。

➊ライトな戦国ファンをふやす

❷オリジナル作品の宣伝

 

【ライトな戦国ファンを増やす】

やっぱりね、仲間はほしいワケですよ。自分一人でも史跡巡りしたり映画観たりマンガ読んだりと、じゅうぶん楽しめます。それでも一人より二人、二人より三人てなぐあいに、同じものを好きと思える人がいてくれると嬉しいじゃないですか。別に詳しくなくていいんです。わたし自身、詳しいワケではなくただただ好きなだけですし。

 

「詳しくなることより、楽しめること」

 

そちらに重きをおいております。やっぱ楽しくないとね。そんなこんなで第十回のタイトルは、ズバリ!

 

『武器や防具も進化する!戦を近代化させた鉄砲の普及』

 

「武器や防具も進化する」

そりゃぁそうですよね。命がかかってるものですから、そうゆうのはどんどん進化していきますよね。

そして戦国期の一大イベント(?)であるコレ

 ↓ ↓ ↓ ↓ 

「戦を近代化させた鉄砲の普及」

これは甲冑にも変化をもたらします。鉄砲で撃たれても貫通しにくいようにと工夫がなされるようになりました。

でも、完全に防げるわけではありません。至近距離であれば貫通します。

そりゃぁ、鎧兜しかない時代に防弾チョッキを発明するのはむずかしいですから、いたしかたない。

 

話はそれるようですが、近年テクノロジーの進歩によって、未来を危惧する声も耳にします。

そういった声は、ときに「新しきものによる、古きものへの侵攻」のように聞こえたりすることもあります。

 

「新しい波に乗り換えないと淘汰されてしまう」

「乗り換えれない不器用な人はどうすれば?」

といった具合に。

わたしとしましては、新しい波に「すぐに乗り換える」ことができなくとも「とりあえず寄り添う」ことはできるかと思っております。

人間すぐには変われませんし、すべて変える必要もありません。

 

そうこうしているうちに、新しい時代に適した自分になっているのでは? と楽観的に考えております(^^)

新しいものに目を向けるのは大事。のみならず、今ある、もしくは過去にあったものとの融合で難局をのりきることもあると思います。

時代は過渡期。ともに新しい時代をむかえましょう(^^)

そう考えると、・・・ん?

 

f:id:jaminism:20180124092836j:plain

 

そうそう、こうゆう未来と過去が融合したような・・・

って、なんか変なの来たぁ~~~!!!???Σ(゜д゜lll)

 

 

jami劇場・第十話『 ガンダム的な武士的な何か、大地に立つ! 』

《ナレーション》 

人類が増えすぎた人口を宇宙に移民させようとしたけど、いろいろあって「これムリじゃね?」とあきらめて、すでに半世紀が過ぎていた。
そしてここは横七村。通称・サイドセブン。

 

f:id:jaminism:20180124093006j:plain

f:id:jaminism:20180124093854j:plain

f:id:jaminism:20180124093636j:plain

パァァァンッ!!!

f:id:jaminism:20180124094624j:plain

 キィ~~~~ン

 

な、なんて甲冑だ。鉄砲をまったく受けつけません!!

 

我々は偵察が任務なんだぞ、退くんだ仁!

 

なに言ってるんです!!ここで倒さなければ敵がますます!うっ

f:id:jaminism:20180124094833j:plain

f:id:jaminism:20180124094903j:plain

 

おおっ、立った!

 

やってやる。いくら装甲が厚くたって。

f:id:jaminism:20180124095036j:plain

グッ

f:id:jaminism:20180124095250j:plain

バキィ~~~ン

 

・・・あれが連邦軍の武士の威力なのか?

f:id:jaminism:20180124095402j:plain

スッ・・・

f:id:jaminism:20180124095549j:plain

ドッ!

f:id:jaminism:20180124095700j:plain

ズバァッ!

 

ええい、よくも仁を!!

f:id:jaminism:20180124095813j:plain

ダダッ

f:id:jaminism:20180124095957j:plain

f:id:jaminism:20180124100107j:plain

グサァッ!!!

f:id:jaminism:20180124100149j:plain

f:id:jaminism:20180124100250j:plain

SASATTEMASE~~N( ´ ▽ ` )ノ
 

なんですかこの展開は( ´ ▽ ` )ノ

はい、本日のjami劇場、ここまでぇ~( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

本日のゲスト紹介

f:id:jaminism:20180117225846j:plain

新井 康陽 さま


名古屋大須にあるTOLANDの若きオーナー。
『ビルおこし』という概念を提唱し ビル一棟をまるまるプロデュースしているTOLANDは、
カフェ・BAR・スナック・イベントスペースといったさまざまな空間を用意し、若者たちを中心にファンを増やしつづけている。

彼の精力的な活動は、価値観が多様化する現代において「新しい生き方」を模索する人々に指針を与えている。

araikoyo.com

 

 

f:id:jaminism:20180117225941j:plain

若杉 将樹 さま

 

TOLANDカフェの店長にして、夜はスナックCANDY名古屋のチーママをつとめる若者。
このたびの「あの・・・甲冑着てブログに載っていただけませんでしょうか?」という意味不明なお願いを、
快く引き受けてくださったノリの良い人物である。

若杉将樹【スナックCANDY名古屋チーママ、TOLAND店長】 (@happypunk8) on Twitter

 

f:id:jaminism:20180118163221j:plain

さいどん  さま

 

アメリカ0円横断、アマゾン川イカダ下りなど冒険を配信するYouTuberジョーブログの元撮影・編集者。
ただいまリアルクラウドファンディングの旅真っ最中!

saigooodon.com

 

武器や防具も進化する!戦を近代化させた鉄砲の普及

ようやくです(^^;)

ようやく本題に入ります(^^;)

なが~~~~い前フリにおつき合いくださり、感謝もうしあげます(`_´)ゞ

ではでは。

戦国時代の大きな転換点となったひとつに、『 鉄砲の普及 』があります。それまで遠距離攻撃の主体は弓でした。

また地味な印象ではありますが、投石もそれなりに有効であったとも聞きます。

 

では、鉄砲は戦国時代において無敵であったかというと、もちろん欠点もありました。

当時の鉄砲は火縄をつかった火縄銃ですので、雨に弱いです。また連射ができません。そして高価なので数をそろえるのは簡単ではありません。

とはいえ遠くから高い威力のある攻撃ができるのですから、やっぱり驚異的であります。鉄砲対策も考えられるようになります。

 

そこで登場したのが竹束(たけたば)です。竹を束ねて縛った円柱状の、きわめてシンプルな防具です。材料が竹なので、鉄砲を調達するのにくらべればはるかに簡単に用意できてしまいます。そこそこ硬さがあり、また円形なので、弾が当たってもななめに弾くことができます。

余談ですが(でもないか(^^;))、威力が高いとは言っても、距離によっては殺傷力が変わってきますし、甲冑を着ていた場合、ななめに当たれば(竹束と同じ原理で)貫通せずに弾かれることもあるようです。

クレヨンしんちゃんの映画『 アッパレ戦国大合戦 』や、その実写化映画『 BALLAD 名もなき恋のうた 』にもその描写がありました。・・確か(^^;)

記憶違いだったらゴメンナサイ(^^;)

 

あ!そうだ!!

大事なことを思い出しました!上記のふたつの作品、めっちゃ良かったです!めっちゃ大好きです!!

『 アッパレ戦国大合戦 』

『 BALLAD 名もなき恋のうた

要チェックです(((o(*゜▽゜*)o)))

 

________________________

 

はい。いかがだったでしょうか(^^)

こんごも戦国にまつわるえとせとらをライトに書いていきたいので、ぜひともおつき合いいただけましたら幸いであります(^^)

 

戦国Web小説『コミュニオン』

冒頭にてブログを書く目的として

➊ライトな戦国ファンをふやす

❷オリジナル作品の宣伝

と述べました。先ほどまでは➊の『 ライトな戦国ファンをふやす 』のを目的で書いておりましたが、次は❷の『 オリジナル作品の宣伝 』であります。

f:id:jaminism:20171214035755p:plain 

わたくし、Web上にて小説を公開しております。戦国ものです。とは言っても、史実の戦国ものではなく完全オリジナルな世界観です。日本の戦国的なものから古代中国的なもの、さらには騎士といった西洋的なものまでミックスした作品です。

 そのなかで私は、どうしても「青春」「境界線」という要素を入れたかったということを以前の記事で書きました。

↓ ↓ ↓ ↓

その1 『 戦国的で放課後的な青春 = 道場だ! 』

その2 『 第442連隊戦闘団を知っていますか? 』

その3 ルワンダの歴史を知っていますか?

 (どれも記事内の下の方です)

 

 また、小説を読む前に知っておいたほうがより作品が分かりやすくなるようにと書いた内容もございます(^^)

↓ ↓ ↓ ↓

その4 青少年剣術大会は剣道ではない

その5 甲冑・武具。各パーツの名称

その6 『 錘行の陣(すいこうのじん)

その7 日本の戦国にも盾はある

その8 三国志的なのも騎士的なのも好き

 (どれも記事内の下の方です)

 

☆ ☆ ☆ ☆

てなワケで、ぜひぜひ読んでおくんなましっ♪( ´▽`) 

戦国Web小説『コミュニオン』はコチラから読めます。(無料)

↓ ↓ ↓ ↓

http://senngokusukidesu.com/

 

自作甲冑

 (毎度のことながら、いつもとおなじこと書きます(^^;))

わたくし文章を書くのも好きなのですが、他にも好きなことがあります。それは・・・

 

甲冑づくり( ̄^ ̄)

はい・・・甲冑をつくるのが好きなのであります(^_^;)

甲冑のみならず、刀とか槍とか、それ系のものを。

f:id:jaminism:20171214045144j:plain

f:id:jaminism:20171214103303j:plain

f:id:jaminism:20171214103431j:plain

f:id:jaminism:20171216194543j:plain

f:id:jaminism:20171216195023j:plain

f:id:jaminism:20171216195045j:plain

本物じゃないですよ( ̄д ̄;)

さらには本物志向でもないです。あくまで『簡略化』『量産性』を基本方針としております。

 

インスタにもこういった甲冑画像などをのせてます。ぜひ覗いてやってください(^^)

↓ ↓ ↓ ↓

www.imgrum.org

ちょいちょい「どこで買えます?」「販売はされないのですか?」「レンタルしていただけないでしょうか?」といったお声をいただいております。

感謝感謝!!!

いまのところ販売は考えておりません m(_ _)m

 

__________

 

 Twitterもやってます☆

↓ ↓ ↓ ↓

twitter.com

 

フォロー・いいね・RT・コメントしてくれると嬉しくて土下座の勢いで地面かちわっちゃいます♪( ´▽`)

ウソ。でも嬉しいのはホント♪( ´▽`)

とくにブログの感想とか書いてくれたらHappyであります♪( ´▽`)

 

 __________

 

てなワケで、今回の記事はここまでっ( ´ ▽ ` )ノ

このたびは、おつき合いくださり感謝もうしあげますm(_ _)m(^^)

今後とも、どうぞよしなに~( ´ ▽ ` )ノ

 

 

次の記事

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com

最初の記事から読む

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com