戦国クリエーター・jamiの『甲冑ファッションコーディネート』

jami(ジャミ)と申します(^^) 戦国Web小説書いたり、舞台用甲冑つくったりしております☆ それ系が好きな方、仲良くしてやってくださいませ♪

戦国武将紹介!『 森 長可 』十文字槍・人間無骨をふるい初陣にて27人斬りの鬼武蔵!

最初の記事から読む

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com

 
 

 

 

どうも。jami(ジャミ)です。

戦国クリエーターのjami(ジャミ)と申します。

戦国好きがこうじて、戦国的な作品をつくるようになった者であります。

Web小説を書いたり、甲冑をつくったりしております。これは作品の宣伝も含め、自分の表現の場としてつくられたブログであります(^^)。どうぞよしなに☆

 jami的戦国武将紹介 No.02 

森 長可

十文字槍・人間無骨をふるい初陣にて27人斬りの鬼武蔵!

このコーナーでは、戦国ファンのjamiが戦国武将をライトにご紹介していきます(^^)
盛ったり簡略化したりしてます(^^;)
史実とは限りません(^^;)

諸説あっても、ひとつしか述べなかったりします(^^;)
興味がもてた武将さんを、ぜひご自身で調べてみてください(^^)

 

雑ぅ~~な紹介動画つくりました。
句読点の表記とかいろいろツッコミどころはありますが、大目に見てやってくださいませ(^^;)

https://youtu.be/ZOjlG2J-EYE

 

森長可(もりながよし)

名槍・人間無骨を振るい勇名を馳せた猛将。
織田家に仕え、本能寺の変の後は羽柴秀吉に味方する。


初陣にして多くの敵を討ちとり、その後の戦いにおいても数多の武功を重ねていく。
その凄まじき戦いぶりに『 鬼武蔵 』と呼ばれ恐れられることとなる。

天正十二年(1584年)、信長の後釜的存在として台頭した羽柴秀吉と、それを良しとしない徳川家康とが激突。
世にいう小牧・長久手の戦いである。

長可は羽柴方の武将として参戦し、徳川軍と激しい戦闘をくりひろげる。
一進一退の接戦のすえ、敵の鉄砲隊が放った弾が額に直撃。長久手の地に散っていった。

享年・二十六歳の若さであった。

________________

 

武将さんを語るにあたり、コメンテーターの皆さまをお呼びしました。

f:id:jaminism:20180127110618j:plain

 

ガンダム的な武士的な何かです。

 

ザク的な武士的な何かです。

 

グフ的な武士的な何かです。

 

シャア専用ザク的な武士的な何かです。

 

はい。では、コメンテーターの皆さまは、この森長可という武将に対してどんなイメージを持っておられますでしょうか?

 

やはりその圧倒的な強さですね。15歳のとき初陣をむかえ、27人もの敵兵を討ちとってます。

 

凄まじいですよね。あと、武器。彼が愛用していた槍が『 人間無骨 』といいまして、人を骨などないかのように貫いたそうです。

 

まぁ・・いくら凄い攻撃も・・・

f:id:jaminism:20180124180439j:plain

 

当たらなければ どうということはない。

 

・・・・・そうですね。はい。話を続けましょう。
ほかには何かございますか?

 

政治力ですね。武勇にばかり目がいきがちですが、彼は政治的な手腕も
もっていたようで本拠地の金山を発展させた実績があります。

 

素晴らしい・・・フフフ。

 

・・・何か?

 

彼は・・・

f:id:jaminism:20180124181350j:plain

 

f:id:jaminism:20180124181521j:plain

ドゴッ!

 

それが言いたいだけだろぉ!!!

 

・・・はい。話を進めます。森長可といえば、あの森蘭丸のお兄さまであることも忘れてはいけませんね。

 

そうなんです。知名度では蘭丸のほうが上なのですが、功績からすると
圧倒的に長可のほうが上だということをもっと知ってもらいたいですね。

 

確かに。功績のわりには知名度が低い。どことなく評価が不遇な気もしなくはない方です。
あと、最期の戦いもどこか悲壮感を感じます。

 

白い陣羽織をまとって戦ったそうですね。不退転の決意のあらわれとも、死装束を意識していたともいわれております。

 

この時点で彼はすでに、何人もの家族を亡くしていましたから、死というものを意識していたのかもしれませんね。
そして皮肉にも、その陣羽織が戦場で目立ったため、敵の鉄砲隊に狙い撃ちにされてしまいます。

 

まぁ・・いくら狙い撃ちされたとしても・・・

f:id:jaminism:20180124180439j:plain

 

当たらなければ どうということはない。

 

いや当たったんですよΣ(゜д゜lll)

それ言いたいだけでしょ!

もぅえぇわ( ´ ▽ ` )ノ

 

 

  自作甲冑
つづきまして、作品紹介であります。
甲冑つくってます(^^)
本物ではございません。さらには本物志向でもないです(^^;)
あくまで『簡略化』『量産性』を基本方針としております。

f:id:jaminism:20171214045144j:plain

f:id:jaminism:20171214103303j:plain

 

インスタにもこういった甲冑画像などをのせてます。ぜひ覗いてやってください(^^)

↓ ↓ ↓ ↓

www.imgrum.org

__________

 

Twitterもやってます☆

↓ ↓ ↓ ↓

twitter.com

フォロー・いいね・RT・コメントしてくれると嬉しいです♪( ´▽`)

とくにブログの感想とか書いてくれたらHappyであります♪( ´▽`)

 

てなワケで、今回の記事はここまでっ( ´ ▽ ` )ノ

このたびは、おつき合いくださり感謝もうしあげますm(_ _)m(^^)

今後とも、どうぞよしなに~( ´ ▽ ` )ノ

 

 

次の記事

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com

最初の記事から読む

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com