戦国クリエーター・jamiの『甲冑ファッションコーディネート』

jami(ジャミ)と申します(^^) 戦国Web小説書いたり、舞台用甲冑つくったりしております☆ それ系が好きな方、仲良くしてやってくださいませ♪

戦国武将紹介!『 大谷吉継 』石田三成、そして豊臣家に殉じた義の武将、関ヶ原に散る!

f:id:jaminism:20171214103747j:plain

最初の記事から読む

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com

 

 

 

どうも。jami(ジャミ)です。

戦国クリエーターのjami(ジャミ)と申します。

戦国好きがこうじて、戦国的な作品をつくるようになった者であります。

Web小説を書いたり、甲冑をつくったりしております。これは作品の宣伝も含め、自分の表現の場としてつくられたブログであります(^^)。どうぞよしなに☆

(イラストの没年、1660とありますが1600ですね(^^;)

いちおう作者さまにはメール送ってあります(^^;))

イラストレーター・コータ 様

↓ ↓ ↓ ↓

http://realsengoku.blogspot.jp/

 jami的戦国武将紹介 No.04 

大谷吉継

石田三成、そして豊臣家に殉じた義の武将、関ヶ原に散る!

このコーナーでは、戦国ファンのjamiが戦国武将をライトにご紹介していきます(^^)
盛ったり簡略化したりしてます(^^;)
史実とは限りません(^^;)

諸説あっても、ひとつしか述べなかったりします(^^;)
興味がもてた武将さんを、ぜひご自身で調べてみてください(^^)

 

雑ぅ~~な紹介動画つくりました。
句読点の表記とかいろいろツッコミどころはありますが、大目に見てやってくださいませ(^^;)

https://youtu.be/V4DxHUP8yg0


大谷吉継(おおたによしつぐ)
義を重んじる仁者として知られる智将。
豊臣秀吉に仕えた。

 

一般的には白頭巾で顔を隠した姿が有名。
ハンセン病をわずらっていたといわれ、末期には輿にのって戦におもむいた。

盟友・石田三成から徳川家康との戦いに加勢してほしいとの依頼をうけるも断る。
「勝ち目はないからやめておけ」とさとすも、三成の再三にわたる説得にさいごは承諾。

 

そしてむかえた関ヶ原の戦い。勝ち目の薄い勝負とは知りつつも家康と雌雄を決する。
善戦するも味方の裏切りがあいつぎ敗北は決定的となる。
負けをさとった吉継は「介錯したらすぐに首を埋めよ。」と部下に命じ、自刃して果てる。

 

________________

 

武将さんを語るにあたり、コメンテーターの皆さまをお呼びしました。

f:id:jaminism:20180127110618j:plain

 

ガンダム的な武士的な何かです。

 

ザク的な武士的な何かです。

 

グフ的な武士的な何かです。

 

シャア専用ザク的な武士的な何かです。

 

はい。では、コメンテーターの皆さまは、この大谷吉継という武将に対してどんなイメージを持っておられますでしょうか?

 

まずは『真田丸』で片岡愛之助さんが演じていた大谷吉継ですね。

 

あぁ〜、いいですねぇ。カッコ良かったですね。

 

そうなんですよ。石田三成とのやりとりとか、熱かったです。

 

まさに大谷吉継って感じの、義の漢を演じてくださいましたね。

 

やっぱり好きな方は好きですよね。ゲームの影響だと思うのですが、ここ数年で女性の方のファンも増えたように思えます。
吉継さんもそうなんですが、石田三成もなんだかここ数年で人気急上昇な気がします。
先ほども名前があがりましたね。

 

二人は盟友だったんです。三成が徳川家康と戦うことになったとき吉継にも加勢を願いでるんですが、断るんです。
お前では家康に勝てない!と言って。

 

正直者ですね。

 

命に関わりますからね。当事者のみならず、多くの人を巻き込むことにもなりますし。

 

ちゃんと大局を見据えていたんでしょうね。

 

おそらくは。でも、再三にわたる説得で三成の覚悟を認めたのか、吉継は加勢することを決断します。

 

そして、天下分け目の関ヶ原の戦い。

 

そうです。そして、天下分け目にもっていけたのも、実は吉継さんのおかげなんです。

 

と言いますと?

 

三成は諸大名から、あまり好かれているとは言いがたかったようです。だから三成の味方をするであろう大名は多くない。
それを分かっていた吉継は、対徳川勢力の総大将に毛利輝元をすえるなどして味方を増やすことに成功。
微妙ながらも徳川に対抗しえる軍勢を集めることができたのです。

 

まさに日ノ本を二分する大戦となしえたわけですね。ちなみに、「微妙ながらも」というのは?

 

数でこそ徳川と対抗できるだけの軍勢が味方してくれることになったのですが、本当に味方かというと、そうでもなかったんです。
徳川方に通じている者たちもおり、実際に戦闘中に寝返りが続出して大敗をきっしてしまいます。

f:id:jaminism:20180127112410j:plain

 

哀しいけど、これ戦争なのよね。

 

・・・そうですね。

 

けっきょくガンダム的なセリフ言いたいだけかい⁉️( ´ ▽ ` )ノ
分かる人にしか分からんわ!
もぅえぇわ( ´ ▽ ` )ノ

 
  自作甲冑
つづきまして、作品紹介であります。
甲冑つくってます(^^)
本物ではございません。さらには本物志向でもないです(^^;)
あくまで『簡略化』『量産性』を基本方針としております。

f:id:jaminism:20171214045144j:plain

f:id:jaminism:20171214103303j:plain

 

インスタにもこういった甲冑画像などをのせてます。ぜひ覗いてやってください(^^)

↓ ↓ ↓ ↓

www.imgrum.org

__________

 

Twitterもやってます☆

↓ ↓ ↓ ↓

twitter.com

フォロー・いいね・RT・コメントしてくれると嬉しいです♪( ´▽`)

とくにブログの感想とか書いてくれたらHappyであります♪( ´▽`)

 

てなワケで、今回の記事はここまでっ( ´ ▽ ` )ノ

 このたびは、おつき合いくださり感謝もうしあげますm(_ _)m(^^)

今後とも、どうぞよしなに~( ´ ▽ ` )ノ

 

 

次の記事

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com

最初の記事から読む

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com