戦国クリエーター・jamiの『甲冑ファッションコーディネート』

jami(ジャミ)と申します(^^) 戦国Web小説書いたり、舞台用甲冑つくったりしております☆ それ系が好きな方、仲良くしてやってくださいませ♪

戦国武将紹介!『 小早川隆景 』黒田官兵衛から一目置かれた賢人にて、毛利両川の一翼をになった智将

最初の記事から読む

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com

 

 

 

どうも。jami(ジャミ)です。

戦国クリエーターのjami(ジャミ)と申します。

戦国好きがこうじて、戦国的な作品をつくるようになった者であります。

Web小説を書いたり、甲冑をつくったりしております。これは作品の宣伝も含め、自分の表現の場としてつくられたブログであります(^^)。どうぞよしなに☆

 

 jami的戦国武将紹介 No.15 

小早川隆景

黒田官兵衛から一目置かれた賢人にて、毛利両川の一翼をになった智将

このコーナーでは、戦国ファンのjamiが戦国武将をライトにご紹介していきます(^^)
盛ったり簡略化したりしてます(^^;)
史実とは限りません(^^;)

諸説あっても、ひとつしか述べなかったりします(^^;)
興味がもてた武将さんを、ぜひご自身で調べてみてください(^^)

 

雑ぅ~~な紹介動画つくりました。
句読点の表記とかいろいろツッコミどころはありますが、大目に見てやってくださいませ(^^;)

 

https://youtu.be/7xeu1VqXEQ0


小早川隆景(こばやかわたかかげ)
謀将として君臨した毛利元就の実子にして、自身も智将として活躍した名将。

 

「 常に危うき戦いをつつしみ
 はかりごとをもって屈せしむる手段を旨とす 」

と評される。

 

かの天才軍師・黒田官兵衛にたいし

「 貴殿はあまりに頭が良く物事を即断即決してしまうことから後悔することも多いだろう。

 私は貴殿ほどの切れ者ではないから、じゅうぶんに時間をかけたうえで判断するので後悔することが少ない。」

と指摘したという。

 

________________

 

武将さんを語るにあたり、コメンテーターの皆さまをお呼びしました。

f:id:jaminism:20180127110618j:plain

 

ガンダム的な武士的な何かです。

 

ザク的な武士的な何かです。

 

グフ的な武士的な何かです。

 

シャア専用ザク的な武士的な何かです。

 

はい。では、コメンテーターの皆さまは、この小早川隆景という武将に対してどんなイメージを持っておられますでしょうか?

 

ズバリ!『 毛利両川 』(もうりりょうせん)です。

 

おぉ~、吉川元春(きっかわもとはる)とのコンビ(?)ですね。

 

はい。

 

少しだけ簡単なご説明をお願いできますでしょうか?

 

小早川隆景吉川元春毛利元就(もうりもとなり)の子で、小早川家と吉川家に送りこまれ、
勢力を吸収するようなかたちで当主となります。

 

うわぁ~~~( ;´Д`) 頭をすりかえ、のっとってしまったんですね。寄生獣みたいですね。

 

・・・寄生獣でたとえて分かる人いますかね?

 

どうでしょう(^_^;)
・・あ、続けてください。

 

さっきの例えのように、まさにのとってしまったんですね。これで毛利家は山陽・山陰地方の一大勢力となります。

 

う~~ん、全国各地に覇者はいれど、それぞれ特徴がありますね。

 

そうですね。政略結婚などで同盟関係をむすぶといったことは多々ありますが、毛利氏のこれに関してはまさにのっとりで、
同盟どころかごっそり奪ってしまってます。戦で屈服させるのとも違いますから、やはり特徴的ですね。

 

しかも一気に二大勢力もですからね。毛利元就 恐るべし。

 

で、その一翼をになったのが小早川隆景です。
吉川元春が武勇に優れた猛将であったのに対し、隆景は智将と呼べるほどの賢人でした。

 

なんでも、あの天才軍師・黒田官兵衛も隆景に一目置いていたとか。

 

はい。隆景が亡くなったさい官兵衛は、「これで日本に賢人はいなくなった。」とまで言わしめています。

 

そうとう賢かったんですね。

 

黒田長政に「分別とはなにか?」と問われたさい、

 「長く思案して遅く決断する。分別の肝要は仁愛で、仁愛を本として分別すれば、
 万一思慮が外れても そう大きくは間違わない。」

と答えたそうです。

 

なんだか人格者の風格を感じますね。とともに、同じ賢者といえど官兵衛さんとは対照的な感じがしますね。
常に二手三手先が見えて、その瞬間瞬間にスピーディーに対処する官兵衛さんに対し、
熟考に熟考を重ねて淡々とことを進ませる隆景さん。そんな印象です。

f:id:jaminism:20180124180439j:plain

 

戦いとは、常に二手三手先を読んで行うものだ。

 

・・・・・。

 

あ、官兵衛さんですか。

f:id:jaminism:20180201124100j:plain

 

・・・Now Loading
 ・・・Now Loading
 ・・・Now Loading
 ・・・Now Loading
 ・・・Now Loading
 ・・・Now Loading

 

はい?

f:id:jaminism:20180201124100j:plain

 

・・・Now Loading
 ・・・Now Loading
 ・・・Now Loading
 ・・・Now Loading
 ・・・Now Loading
 ・・・Now Loading

 

なんですか?

 

・・・あ、隆景さんを表現してるんですね。

f:id:jaminism:20180201124202j:plain

 

あ、ゴメン、寝てた。

 

寝とったんかい!??Σ(゜д゜lll)
賢者じゃね~~!!!Σ(゜д゜lll)

 

はい。ありがとうございます(^^)
本日のjami的戦国武将紹介、ここまでぇ~( ´ ▽ ` )ノ

 
  自作甲冑
つづきまして、作品紹介であります。
甲冑つくってます(^^)
本物ではございません。さらには本物志向でもないです(^^;)
あくまで『簡略化』『量産性』を基本方針としております。

f:id:jaminism:20171214045144j:plain

f:id:jaminism:20171214103303j:plain

 

インスタにもこういった甲冑画像などをのせてます。ぜひ覗いてやってください(^^)

↓ ↓ ↓ ↓

www.imgrum.org

__________

 

Twitterもやってます☆

↓ ↓ ↓ ↓

twitter.com

フォロー・いいね・RT・コメントしてくれると嬉しいです♪( ´▽`)

とくにブログの感想とか書いてくれたらHappyであります♪( ´▽`)

 

てなワケで、今回の記事はここまでっ( ´ ▽ ` )ノ

このたびは、おつき合いくださり感謝もうしあげますm(_ _)m(^^)

今後とも、どうぞよしなに~( ´ ▽ ` )ノ

 

 

次の記事

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com

最初の記事から読む

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com