戦国クリエーター・jamiの『甲冑ファッションコーディネート』

jami(ジャミ)と申します(^^) 戦国Web小説書いたり、舞台用甲冑つくったりしております☆ それ系が好きな方、仲良くしてやってくださいませ♪

戦国武将紹介!『 島津義弘 』鬼島津と呼ばれ恐れられた九州の猛将

最初の記事から読む

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com

 

 

 

どうも。jami(ジャミ)です。

戦国クリエーターのjami(ジャミ)と申します。

戦国好きがこうじて、戦国的な作品をつくるようになった者であります。

Web小説を書いたり、甲冑をつくったりしております。これは作品の宣伝も含め、自分の表現の場としてつくられたブログであります(^^)。どうぞよしなに☆

 

 jami的戦国武将紹介 No.16 

島津義弘

鬼島津と呼ばれ恐れられた九州の猛将

このコーナーでは、戦国ファンのjamiが戦国武将をライトにご紹介していきます(^^)
盛ったり簡略化したりしてます(^^;)
史実とは限りません(^^;)

諸説あっても、ひとつしか述べなかったりします(^^;)
興味がもてた武将さんを、ぜひご自身で調べてみてください(^^)

 

雑ぅ~~な紹介動画つくりました。
句読点の表記とかいろいろツッコミどころはありますが、大目に見てやってくださいませ(^^;)

 

https://youtu.be/0Y83ZnmCbyo


島津義弘(しまづよしひろ)
戦国大名島津義久の弟であり

「 雄武英略をもって他に傑出する 」

と評されるほどの猛将であった。

ただ強いだけでなく部下に対してわけへだてなく接し、
気配りを怠らなかったため兵からも慕われていた。

そういった生き方であったためか敗戦が決定的となった関ヶ原の戦いにて、
「 捨てがまり 」という十中十死の戦法をもってして、部下は義弘を生還させた。

まさに『 剛 』『 柔 』かねそなえた猛将であると言えるかもしれない。

 

________________

 

武将さんを語るにあたり、コメンテーターの皆さまをお呼びしました。

f:id:jaminism:20180127110618j:plain

 

ガンダム的な武士的な何かです。

 

ザク的な武士的な何かです。

 

グフ的な武士的な何かです。

 

シャア専用ザク的な武士的な何かです。

 

はい。では、コメンテーターの皆さまは、この島津義弘という武将に対してどんなイメージを持っておられますでしょうか?

 

なんと言っても『 敵中突破 』でしょう。

 

関ヶ原の戦いですね。

 

はい。負けが決定的となり逃げ道もない、となったときに義弘は敵陣に突っ込みます。

 

普通に考えたら、玉砕覚悟の最期の突撃ですね。
彼は、・・兵たちも含め彼らは、それを生き残るためにやったと。

 

逃げ道がないなら作ってしまおう、といった感じですかね。もちろん犠牲は覚悟で。

 

凄まじいですね。

 

彼らの凄まじさは、それだけではとどまりません。
まさかの敵陣への突撃にて活路を拓きましたが、とうぜん敵は追ってきます。
そこで兵たちは義弘を生還させるために、『 捨てがまり 』という戦法をつかいます。

 

出ました。捨てがまり。

 

部隊のなかから小隊を選抜し、敵の足止めを行います。
彼らが全滅したら、次の小隊を選抜し敵を足止め。
それを繰り返す戦法が、捨てがまり。

 

壮絶ですね。散るほうも生き残るほうも・・どんな思いだったんでしょう。

 

それは我々には分かりません。とともに、島津軍の鬼のような厳しさと揺るぎない忠誠心を感じずにはいられません。

 

それが頑強な将兵をつくりあげることに繋がっているんでしょうね。

 

そう思います。

 

あと、軍の指揮官としての強さだけでなく、義弘自身の武勇もすさまじかったそうですね。

 

はい。一騎討ちをなんどもやって勝利しています。

 

島津義弘おそるべしですね。

 

ですね。もっと言うと、島津軍おそるべしかと。

 

と言いますと?

 

義弘には兄弟がおり、それぞれがとても優秀で、なおかつその信頼関係もまた強固だったんです。

 

無敵じゃないですか(^_^;)

 

ちなみに島津氏の中興の祖といわれる祖父・忠良は四兄弟のことをこう評しています。
義久・・・三州の総大将たる材徳自ら備わる。
義弘・・・雄武英略をもって他に傑出する。
歳久・・・始終の利害を察する知計が並なし。
家久・・・軍法戦術に妙を得たり。

 

うわぁ~~~、凄そう(^_^;)
そしてこのお爺様も凄そう(^_^;)

 

同感です。各々の得意分野を開花させ育てた人がいて、
その得意分野をもちよって、総合力でのし上がったんでしょうね。

 

傑出した人が一人だけいても、その力が発揮できなかったりしますからね。

f:id:jaminism:20180124180908j:plain

ドゴッ!
 

一武将の能力の違いが、戦力の決定的差ではないことを教えてやる。

f:id:jaminism:20180124180908j:plain

ドゴッ!
 

これはクリ〇ンの分だ~!

 

二度も蹴った!オヤジにも蹴られたことないのに!

 

クリ〇ン関係ないやろ(´・_・`)
そもそもガン〇ムも関係ないし(´・_・`)

 

あなたはザ〇ですけどね(^_^;)

 

でした(^_^;)

 

はい。本日のjami的戦国武将紹介、ここまでぇ~( ´ ▽ ` )ノ
ありがとうございましたぁ~( ´ ▽ ` )ノ」

 
 
 
  自作甲冑
つづきまして、作品紹介であります。
甲冑つくってます(^^)
本物ではございません。さらには本物志向でもないです(^^;)
あくまで『簡略化』『量産性』を基本方針としております。

f:id:jaminism:20171214045144j:plain

f:id:jaminism:20171214103303j:plain

 

インスタにもこういった甲冑画像などをのせてます。ぜひ覗いてやってください(^^)

↓ ↓ ↓ ↓

www.imgrum.org

__________

 

Twitterもやってます☆

↓ ↓ ↓ ↓

twitter.com

フォロー・いいね・RT・コメントしてくれると嬉しいです♪( ´▽`)

とくにブログの感想とか書いてくれたらHappyであります♪( ´▽`)

 

てなワケで、今回の記事はここまでっ( ´ ▽ ` )ノ

このたびは、おつき合いくださり感謝もうしあげますm(_ _)m(^^)

今後とも、どうぞよしなに~( ´ ▽ ` )ノ

 

 

次の記事

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com

最初の記事から読む

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com