戦国クリエーター・jamiの『甲冑ファッションコーディネート』

jami(ジャミ)と申します(^^) 戦国Web小説書いたり、舞台用甲冑つくったりしております☆ それ系が好きな方、仲良くしてやってくださいませ♪

戦国武将紹介!『 豊臣秀吉 』日ノ本一の出世頭!人たらしと呼ばれた前半戦、そして恐怖政治へ

最初の記事から読む

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com

 

 

 

どうも。jami(ジャミ)です。

戦国クリエーターのjami(ジャミ)と申します。

戦国好きがこうじて、戦国的な作品をつくるようになった者であります。

Web小説を書いたり、甲冑をつくったりしております。これは作品の宣伝も含め、自分の表現の場としてつくられたブログであります(^^)。どうぞよしなに☆

 

 jami的戦国武将紹介 No.19 

豊臣秀吉

日ノ本一の出世頭!人たらしと呼ばれた前半戦、そして恐怖政治へ

このコーナーでは、戦国ファンのjamiが戦国武将をライトにご紹介していきます(^^)
盛ったり簡略化したりしてます(^^;)
史実とは限りません(^^;)

諸説あっても、ひとつしか述べなかったりします(^^;)
興味がもてた武将さんを、ぜひご自身で調べてみてください(^^)

 

雑ぅ~~な紹介動画つくりました。
句読点の表記とかいろいろツッコミどころはありますが、大目に見てやってくださいませ(^^;)

 

https://youtu.be/brg-76wzc1E

 


豊臣秀吉(とよとみひでよし)
『 日ノ本一の出世頭 』と呼ばれ、農民から天下人にまで昇りつめた名将。

 

織田信長の勢力拡大におおいに貢献した才気あふれる人物であり、
また人心掌握の達人としても名を馳せる。
人を味方につけることに長けているさまは「人たらし」と呼ばれるほどであった。

 

三英傑の一人として現代の人々にも広く知られ、また愛嬌のあるキャラクターで描かれることが多い。

 

だが、天下統一を果たしたのちは無益に終わった朝鮮出兵や秀次事件など、
その輝きは陰りを見せることとなる。

 

________________

 

武将さんを語るにあたり、コメンテーターの皆さまをお呼びしました。

f:id:jaminism:20180127110618j:plain

 

ガンダム的な武士的な何かです。

 

ザク的な武士的な何かです。

 

グフ的な武士的な何かです。

 

シャア専用ザク的な武士的な何かです。

 

はい。では、コメンテーターの皆さまは、この豊臣秀吉という武将に対してどんなイメージを持っておられますでしょうか?

 

やはり天下人ですね。

 

まさに。まさに秀吉さんといえば天下人ですね。
その生涯はもう、エピソードが多すぎて説明しきれないとは思うのですが、簡単にご説明願えますか。

 

はい。若きころより織田信長に仕え、その天下獲りに大いに貢献しました。
また人たらしと呼ばれるほど彼の人心掌握術はみごとで、多くの人を味方につけていったことが、
秀吉自身もまた大きく飛躍することにつながります。
なかでも竹中半兵衛黒田官兵衛という天才軍師たちを味方につけれたことは大きかったです。

 

そして本能寺の変にて、秀吉の運命は大きく流れを変えます。
信長が討たれたとき、秀吉は中国地方の戦線におりましたが信長急死の報をうけ、すみやかに明智光秀討伐のため引き返します。
のちに中国大返しと呼ばれることになるこの行軍は、光秀にとって予想外にはやいものでした。
中立大名を味方にする間も与えず、秀吉は山崎の戦いにて光秀を討ち破ります。

その功もあり、信長が築きあげてきた勢力をとりこむことに成功します。


しかし、それを良しとしない徳川家康と対決。
長久手合戦にて敗れはするものの、戦略面においてみごとに家康を出し抜きます。

と、ここまでは輝かしく語られることの多い秀吉ですが、天下統一をなしとげたあとは、
その輝きも陰るようになります。

 

反対意見がありつつも強行し、なにも利益のないまま終わった朝鮮出兵
非もなき人たちを処刑し、秀吉の信用をいちじるしく失墜させた秀次事件。

そして慶長三年(1598年)、その激動の生涯を閉じます。

 

ふひゃ~~~、簡単に説明してもこのボリューム。そのひとつひとつが一大エピソードですよね。
さすが天下人。

 

ですね。さすがに三英傑の一人に数えられることはあります。

 

三英傑といえばこの秀吉さんのほかに、信長さん、家康さんがおりますが、秀吉さんの特徴とかってありますでしょうか。

 

他の二人と比べてですか?

 

そうです。

 

よく語られるのは、その明るい人柄ですね。

 

あぁ、人たらしとまで言われた。

 

はい。まぁ、実際に会ったことはないのであくまで一般的(とされそうな)なイメージだと
ニッコリ笑っている印象がありますね。

 

温厚でおちゃめな。

 

そうですそうです。それでいて本質的な部分は、とても思慮深く、計算高く。
でも口をひらけばマシンガントーク、みたいな。

 

かなり主観が入ってません?(^_^;)

 

入ってますね(^_^;)
まぁ、そんな感じで、ことば巧みに周りを動かしつつ、自分もめちゃくちゃ努力する。
特徴と言えるかどうかは分かりませんが、わたしはそういう秀吉像が浮かびます。

 

たしかに表情といいますか、空気感といいますか、笑顔だったり調子の良さだったりは秀吉っぽいといえば ぽいですね。

 

それに比べて信長は、怖いってイメージありません?

 

ありますね。

 

家康はマジメ。

 

あぁ~。とともに、時期によっても変わりますね。
若いころの信長さんは能を隠した破天荒。歳を重ねると能をあらわにした破天荒。
若いころの秀吉さんは人たらし。歳を重ねると恐怖政治。
若いころの家康さんは忍耐の人。歳を重ねると老獪(ろうかい)なる忍耐の人。
ってな感じですね、わたしの主観では。

 

・・・あ。

 

はい?

 

信長も家康も、基本的には変わってないんですね?

 

え?

 

信長は、若くても歳を重ねても破天荒で、
家康は、若くても歳を重ねても忍耐の人。って言いましたよね?

 

あ、ホントだ(;゜0゜)
自分でも気づかなかった(;゜0゜)

 

よほど秀吉さんは、時期によってイメージがガラっと変わるってことなんでしょうかね。

 

少なくとも私のなかではそうみたいです。
・・・ブログって、自分との対話なんだと、あらためて思います。

 

はい?

 

あ、いえ(^_^;)
ひとりごとです(^_^;)
はい。今回のjami的戦国武将紹介、これにてオシマイっ( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

  自作甲冑
つづきまして、作品紹介であります。
甲冑つくってます(^^)
本物ではございません。さらには本物志向でもないです(^^;)
あくまで『簡略化』『量産性』を基本方針としております。

f:id:jaminism:20171214045144j:plain

f:id:jaminism:20171214103303j:plain

 

インスタにもこういった甲冑画像などをのせてます。ぜひ覗いてやってください(^^)

↓ ↓ ↓ ↓

http://www.imgrum.org/user/j_a_m_i_2016/3045653043

 

__________

 

 

Twitterもやってます☆

↓ ↓ ↓ ↓

https://twitter.com/info66140946

 

フォロー・いいね・RT・コメントしてくれると嬉しいです♪( ´▽`)

とくにブログの感想とか書いてくれたらHappyであります♪( ´▽`)

 

てなワケで、今回の記事はここまでっ( ´ ▽ ` )ノ

このたびは、おつき合いくださり感謝もうしあげますm(_ _)m(^^)

今後とも、どうぞよしなに~( ´ ▽ ` )ノ

 

最初の記事から読む

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com