戦国クリエーター・jamiの『甲冑ファッションコーディネート』

jami(ジャミ)と申します(^^) 戦国Web小説書いたり、舞台用甲冑つくったりしております☆ それ系が好きな方、仲良くしてやってくださいませ♪

エイプリル・フール にまつわる こんなお話・・・

f:id:jaminism:20180331184226j:plain

 

最初の記事から読む

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com

 

【 目次 】

 

 

 

 

 

 

 どうも。jami(ジャミ)です。

戦国クリエーターのjami(ジャミ)と申します。

戦国好きがこうじて、戦国的な作品をつくるようになった者であります。

これは作品の宣伝も含め、自分の表現の場としてつくられたブログであります(^^)。どうぞよしなに☆

 

 

あ、そうそう

 

今回の記事は、ただの雑談であります( ´ ▽ ` )ノ

読者さまの時間を奪う、ど~~~でもいい話でございます。

 

 

まぁ、その・・・

 

 

ぶっちゃけ、読む価値ありません( ´ ▽ ` )ノ

 

 

この時間をつかって、なにかべつの有意義なことにあてていただくことをオススメします♪( ´▽`)

 

 

言うたからね!(*゜▽゜*)

 

わたし言うたからね!(*゜▽゜*)

 

クレームはうけつけませんYo!(*゜▽゜*)

 

 

 

4月1日といえば、エイプリルフール 

 

「1年でこの日だけ嘘をついても良い」とされる エイプリルフール。

その起源はいくつかありつつも、実際のところはハッキリしないようです。

 

以前の記事にも書いたのですが、歴史ってこういうこと、よくありますね。

 

jaminism.hatenablog.com

 

定説と言われていることも、本当のところは分かりません。

そういった空白があるからこそ面白かったりもするのですが、そもそも、なぜこの日は嘘をついていいとされるようになったのでしょう。

 

今回は歴史好きとして、そのあたりに迫ってみたいと思います。ちょっとした暇つぶしにでも使ってください(^^)

 

 

 

 

バカが一番強い? 酔った群衆に軍隊が敗北

 

検索すればエイプリルフールの由来の説が、いくつか出てきます。

そのなかから印象に残ったものをご紹介いたします。

 

 

 14世紀のスコットランドアバディーン近郊。当時その地は他国の侵攻をうけ、占領されていた。

 

まだ制圧されたばかりであり、断崖の上に建つダノッター城には敵の軍隊が駐留していた。ふた月前の戦い(アバディーンの戦い)において敗れたノストラード国王は、わずかな従者とともに森のなかに逃げこみ なんとか生きのびていたが、もはやその命運も尽きようとしていた。

 

森があまりに広大だったため難航していた国王討伐だったが、敵将・オーウェンはついに本腰をいれ、最後の一手にふみきった。軍の大部分を投入し、森のなかへと進攻させたのだ。

 

城の留守を任された兵は少なく、その士気もひじょうに低かった。そもそも国王軍は瓦解したも同然であり、もはや戦いなど起きないだろうとたかをくくっていた。

その油断からか、兵たちは酒を飲み城の警備は甘かったと言われている。

 

日々、占領した町から接収した金品などが城へと運び込まれていたのだが、その大半は酒であり、その運搬作業も 子供をふくめた民衆たちにやらせていた。

 

 

4月1日。

 

その日は年に一度のフール・フェスティバル(愚者の祭典)で、正午に鳴らされる教会の鐘を合図に、町をあげての大きな祭りが突然はじまることになっていた。

 

フール・フェスティバルとは、フール(愚者)になりきって人を驚かす祭りで、この日だけは老若男女を問わず、とにかく酒を飲み正午から次の日の正午まで騒ぎつづける。

「愚者」「驚かす」といっても、基本的にそれは どれだけ酒を飲んでもつぶれないか?といった飲み比べ勝負をするだけである。

 

とはいえ、町の大人たちが一斉にそんなことをしてしまったら、さすがにそれだけで済むはずがない。ケンカも起これば事故も起こる。

が、それも含めて楽しむのがこのフール・フェスティバルなのである。

(だから愚者の祭典??)

 

 

そして、当然ではあるが・・・

この地にきて間もない制圧軍は、そんなことを知るよしもなかった。

 

 

正午。 

教会の鐘を合図に、町は酔っ払いであふれ、じょじょに騒々しくなる。町中から叫び声があがり、騒ぎ出す。その声は城の兵士の耳にまでとどき、「何事か!?」といぶかしむ。

 

町だけではなかった。城で作業していた町民たちも酒を飲み酔ってしまう。

そしてなんと!

火の不始末から、酒の貯蔵庫を爆発させてしまう・・・

 

これにはさすがの兵士たちも度胆を抜かれる。引火した炎は隣の貯蔵庫まで吹っ飛ばし、兵士たちがかけつけたときには、城の一部が燃えていた。

 

そして町から城へと、民衆が奇声を発しながら迫ってくる。 これは本当はただのパレードだったのだが、城の兵士からしてみたら暴動にしか見えなかった。

この突然のできごとに兵士たちは驚愕し、戦慄した。

 

城を守る兵士の数が100名にも満たないところで、数千~1万を超える暴徒が押しよせてくる(ように見えた)のだから。

勝ち目はないと、慌てて城から逃げ出す城兵たち。

 

 

その日の夕刻、森のなかで国王を追いつめていたオーウェン将軍のもとに、信じられない報告が入る。

 

「ダノッター城、陥落」

「数千もしくは、それ以上の敵軍勢が出現」

オーウェン軍の退路を断ち、接近中」

 

そのどれもが誤報であったが、パニックに陥ったオーウェン軍は統制を失い、散り散りに逃げ去ってしまった。そしてオーウェン将軍はノストラード国王に降伏するにいたる。

 

これに驚いたのは国王。あとわずかの命だと思っていたのに、自分を追いつめていた敵将は降伏し、城にもどることができてしまった。

しかも援軍にきてくれたのは誰なのか分からない。

 

あとあとになって事の詳細は明らかになっていくのだが、それまで国王は、

 

「神の軍勢が遣わされ、侵略者を追い払った」 

 

そう信じて疑わなかった。

間もなくして事実が明らかになるも、国王はこの日(4月1日)を神聖な日と定めた。

 

 

 

★ ★ ★ ★ ★

 

 

エイプリル・フール」の語源ではないかとされるこのエピソード、果たしてフール(愚者)って誰だったのだろう?

なんてことを考えてしまいます(^^)

 

 

酔って貯蔵庫を爆破してしまった人?

敵の襲撃だと勘違いして逃げ出してしまった人?

重大な誤報をしてしまった人?

それを信じてパニックになってしまった人?

負けてないのに降伏してしまった人?

酔っ払いの群れを 神の軍勢だと思った人?

 

 

たぶんそれら全てが詰まった1日だったからエイプリル・フールなのかな? なんて思っちゃいます(^^)

 

 

そして、

こういったこと、ぶっちゃけいっぱいありますよね?(^_^;)

 

皆さまも、身に覚えがあるのではないでしょうか(^_^;)

 

「そんなミスするなよ、自分!( ;´Д`)」

 

「頭悪いのか!?自分!( ;´Д`)」

 

「それ、油断が招いたんじゃないのか!?自分!( ;´Д`)」

 

「よく考えてから判断しろよ!自分!( ;´Д`)」

 

 

でも、

 

「人ってそんなもの( ´ ▽ ` )ノ」

 

「そりゃミスるときはミスるさ( ´ ▽ ` )ノ」

 

 

そう考えられたなら、 ちょっとは肩の力を抜いて生きられるのかも知れません(^^)

 

 

本日は4月1日。

 

新しい年度のはじまりです。

新しいことを始める人も、そうでない人も、

新しい環境をむかえる人も、そうでない人も、

 

素晴らしい価値のある一年になりますように(^^)

 

 

 

楽しい物語を信じて生きる

 

年度はじめのブログは、こんな記事からのスタートでありました。

皆さま、いかがでしたでしょうか?(^^)

 

 

 

 

・・・まぁ、

 

 

 

 

これ、ぜんぶ嘘なんですけどね

(*゜▽゜*)

 

 

 

 

 

って

 

嘘かいっ!!!???

Σ(゜д゜lll)Σ(゜д゜lll)Σ(゜д゜lll)

 

 

 

 

長々と人の時間つかって読ませておきながら

 

嘘かいっ!??( ;´Д`)

 

嘘なんかいっ!??( ;´Д`)

 

 

 

嘘ですぅ~~~

(*゜▽゜*)(*゜▽゜*)(*゜▽゜*)

 

 

 

最初のほうの

 

スコットランドアバディーンという地名があり、

 断崖の上にダノッター城という城がある。」

 

の部分だけホントで、あとは私が今つくった作り話でっす♪( ´▽`)

 

 

嘘ついてごめんなさい(ノД`)

 

 

もう嘘つきません(ノД`)

 

 

USO(*゜▽゜*)

 

 

つきます(*゜▽゜*)

嘘つきます(*゜▽゜*)

 

 

とともに、

こんな感じで目に入る情報、耳に入る情報、

ホントかどうかなんて分かんないなぁ~って、つくづく思います(^^)

 

自分では検証のしようがないことで、世の中あふれてますし(^_^;)

 

なので、自分が信じたいことを信じればいいのかなと(^^)

「信じたことが真実」って聞いたことがありますが、ある意味 正しい気もします。

 

 

とまぁ、

またまた聞かれてもないことを長々と書いてしまいました( ´ ▽ ` )ノ

 

 

 

___________________

 

 

てなワケで、今回の記事はここまでっ( ´ ▽ ` )ノ

このたびは、おつき合いくださり感謝もうしあげますm(_ _)m(^^)

今後とも、どうぞよしなに~( ´ ▽ ` )ノ

 

 

インスタやってます。ぜひ覗いてやってください(^^)

↓ ↓ ↓ ↓

www.imgrum.org

 

インスタにて、自作甲冑などの画像載せてます♪( ´▽`)

 

f:id:jaminism:20180327024233j:plain

f:id:jaminism:20180327024246j:plain

f:id:jaminism:20180327024257j:plain

f:id:jaminism:20180327024308j:plain

 

 

Twitterもやってます☆

↓ ↓ ↓ ↓

twitter.com

フォロー・いいね・RT・コメントしてくれると嬉しいです♪( ´▽`)

とくにブログの感想とか書いてくれたらHappyであります♪( ´▽`)

 

 

  

 

最初の記事から読む

↓ ↓ ↓ ↓

jaminism.hatenablog.com